『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)

写真拡大

 AV女優として70本以上の作品に出演しながら、東大大学院を卒業し日経新聞の記者に。そして現在は社会学者。そう。昨年「週刊文春」(文藝春秋)14年10月9日号で「日経新聞記者はAV女優だった!」とスッパ抜かれた鈴木涼美のことだ。「週刊文春」報道の直後、鈴木がリテラに寄稿した文章は大きな反響を読んだが、その後一気にメジャーになって、最近はテレビにもコメンテーターとして出演している。

 鈴木は13年の『「AV女優」の社会学』(青土社)に続き、14年11月には『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)を上梓。AVから風俗へフィールドワークの対象を広げているが、最近、「週刊東洋経済」(東洋経済社)4月11日号に寄稿した論考「女性の貧困最前線」は、ルポルタ―ジュとしても非常に興味深いものだった。

 おカネを求めてセックスワークに向う女性たち。鈴木は彼女たちの話を聞き、自らの体験とクロスさせるように筆を進める。そこから浮かび上がってくるのは、風俗で働く女性たちがおかれているのは決して「絶望的な貧困」ではないということ。だがしかし、そこには「絶望的な未来」があった。

 今春関西の大学を卒業する22歳のマキコは在学中から風俗嬢として働いていた。普通の勤め人である両親を持つ彼女は月に10万円の仕送りとアルバイトなどで20万円ほどの収入がある。しかし興味本位でホテルヘルスのバイトを始めたという。

「昼のバイトのときも生活費が足りないと思ったことはなかった。デリバリーヘルス(派遣型風俗店)やホテヘルをやっていた大学2年のときは出勤が週に1回。どうでもいい人に貢いだりしてちょこちょことおカネが足らなくなっていたから、そのときは出会い喫茶にも行く感じでした」

 同様のことを言う風俗嬢は数多いという。風俗に向かう女性は必ずしも悲惨なかたちで貧困に飲み込まれるわけではないというのだ。しかし彼女たちは風俗という仕事をすることで裕福になるわけではない。収入は倍増するがその分いろいろ散財して「やや貧困」だという。それでも彼女たちは決して「貧困の顔」はしていない。

「悲壮感なくいい条件の部屋に住み、居酒屋などで値段を気にすることなく好きなものを食べる。額面上の安定収入は10万円以下と称し、貯蓄は20万円以下。統計上の『貧困女子』は必ずしも貧困の顔をしていない」

 だがマキコは就職活動を一度もしていないという。「困ったらまた風俗にいけばいい」、そう思っているからだ。

 こうして風俗の道へと向かう女性は多いが、しかし、それぞれの千差万別の事情を抱え、そのため様々な貧困が存在するという。

 30歳のカオリは3歳の子どもを持つシングルマザーだ。結婚前からソープで働き60万円ほどの収入があった。付き合っていた男性とデキ婚後も夫に内緒で風俗店で働いた。

「会社員の夫の給料でおカネが賄えるとも思わなかった。でも惨めな赤ちゃんにだけはしたくなかった」

 妊娠中は妊婦専門ホテヘル店で、出産後は母乳マニア向けの風俗店で働き、80万円近い収入を得たという。しかし夫のDVで離婚後、託児所付きのホテヘルやAV出演を1度だけするなどしていたが、しかし身体がだるくなり、摂食障害もあり体調を崩していく。収入が下がっても子どもに同じようにしてやりたい。生活レベルを下げられない。だが、結局は生活保護を受けことになってしまう。

 様々なセックスワークの女性を見て、鈴木は貧困と風俗との関係性について「貧困であるが故の風俗ではなく、風俗に入ったが故に貧困である」と記している。そこには、貧困のなかでの格差、そして年齢、搾取などの構造的問題も大きく横たわっているという。

「風俗を利用してある程度の理想的な生活を手に入れるはずが、ある時点で風俗以外の職種に就くのが困難になったが故に、利用するどころか、いいように利用される立場へと逆転する。継続性のない経済状況はやがて破綻。選択肢の非常に少ない状態で、条件の悪い風俗店で働かざるをえないことも容易に想像がつく」

 さらに、風俗で稼ぐためには、一般社会と同じような能力も求められる。

「容姿やコミュニケーション能力など、どんな職業でも高ければ高いほど重宝される条件を満たしている女性は、風俗の世界に入った途端飛躍的に高収入を得る。反面、そうしたスペックに問題のある女性が風俗に身を投じても、思うようには稼げない」

 あくまで健康でお店に出られる状態なら高収入も安心した職場も得ることができるかもしれない。もちろん若くて容姿端麗ならなおさらだ。そこから生じる貧困の格差。そのためコミュニケーションや容姿に問題がある女性はさらに最貧困へのループにからめとられてしまう。風俗で働く女性といっても、貧困の度合いだけでなく彼女たちの目的、状況、収入、その心理模様は多種多様化しているといえる。

 これまで本サイトでは「最貧困女子」と言われる絶望的なまでの貧困、そしてセックスワークに従事する女性に関する著書を取り上げてきた。

 例えば鈴木大介の『最貧困女子』(幻冬舎)や『最貧困シングルマザー』(朝日文庫)では、セックスワークの中でも最底辺に位置してしまう精神障害、発達障害、知的障害について踏み込んでいる。こうした障害ゆえコミュニケーションにも問題があるために、風俗の世界でもハードなプレイ要員とされ、さらに風俗業界からもはじかれるかたちで、出合い系サイトや出会い喫茶で身体を売るしかない女性たちの貧困が描かれている。彼女たちは"差別"を恐れ生活保護など行政の福祉に繋がることを拒否し、あるいはそうした制度があること自体を知らないケースさえあるという。

 また荻上チキの『彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力』(扶桑社)でも、ワリキリといわれる出会い系メディアを媒介として個人営業的に売春をする女性たちを取り上げている。そこには家族や社会から孤立し、生き延びるための手段としてワリキリを選択した女性たちの姿があった。

 そして今回の鈴木のルポを合わせて浮かび上がってくるのは、女性のセックスワークや貧困は、決してひとくくりでは語ることなどできないということだ。そもそもその目的からして違う。鈴木もこうした多様性についてこう指摘している。

「無数のグラデーションで広がる風俗嬢は必ずしも『性的なサービス行為自体が好きであるという変わり者』と『おカネに困ってやむをえずその仕事を選んだ者』に二分できない。金銭的な理由で風俗嬢となった者だけを見ても『稼ぎたくて稼げている者』と『稼ぎたくても稼げない者』の二とおりしかないわけではない。(略)分かりやすい二分法で見分けようとすると彼女たちの姿はいくら目を凝らしても浮き上がらない」

 その上、年齢や容姿、コミュニケーションなどでその格差は歪なまでに広がりを見せているようだ。

 こうしたセックスワークに従事する女性たちの実像や貧困だが、今回の記事が他とは違うのは、端々に挿入される鈴木自身の体験からの目線、当時の心境や状況といった語りだ。

「稼ぐ資本としての身体は確かに持っていて、それを使ってはいたものの、どことなく目の前にある稼ぐ手段を持て余して、何にもならない時間を潰す。財布には3万円程度は入っていたが、稼いだ現金はいつも手を通りすぎるだけでいつも貧しかった。寝る時間はいくらでもあったが、なぜかいつも眠くて体調が悪かった。自分の収入がどれくらいあるかもよくわからない。ただ来週一日も仕事をしなければ、家賃が払えなくなることだけは確かだった」

 そして風俗や都会に固執するセックスワーカーたちの心情をこう代弁する。

「私もまた19歳のときに地元を離れてから、東京の自分の部屋を維持することに固執して生きてきた。それは周囲から正しい幸福な選択には見えなかったかもしれない。私自身もしっかりと言語化できる理由があったわけではない。それでも確かに東京にいることは、私にとって捨てるわけにはいかないことだった」

 鈴木でさえも"言語化"できないという当時の心境。自らの体験を重ねてセックスワークの世界を解明しようとする鈴木だが、それは今後も続くのだろう。

 最後に鈴木の今後の活動を示唆するかのような一文を紹介したい。

「本当の貧困は『風俗後』に突然訪れるかもしれないというリスクは女性たち、そして社会も認識しておくべきだ」

 風俗は貧困のセーフティネットにはなるかもしれないが、しかしそれはまた貧困の入り口にもなる。そんな指摘をする鈴木の「風俗後の女性たち」へのアプローチに今後も期待したい。
(林グンマ)