日本人にとって欠かせない食べものといえば、“お寿司”。かつてはカウンターで食べるスタイルが主流でしたが、今は回転寿司が大人気。回転寿司のメニューは通常のお寿司さんよりも、カロリーの高いネタがあったりしますよね。しかし、食べ方を意識するだけでお寿司を食べても太らなくなるんですよ。そこで今回は、ダイエット中でも安心! 太らないお寿司の食べ方についてご紹介します。

お味噌汁は必ず一緒に注文する

最初からお寿司を食べていては、どんなに太らないように意識していても太ってしまいます。席についたら、まずはお味噌汁を注文しましょう。お寿司だけでお腹いっぱいにならないためにも、お味噌汁である程度満たしておくのです。注文してから頼むまで時間がある場合は、先にお寿司を食べていても構いませんが、必ず、お味噌汁を飲む時間はとりましょう。食べ過ぎ防止に効果的ですよ!

できれば避けたいお寿司のネタ

お寿司によってカロリーが変わってきてしまいますが、避けるべきネタとしては“魚卵系”が挙げられます。イクラ、すじこ、ウニ、たらこといった魚のたまごがネタとなっているものに関しては避けておいた方が安全。お寿司は1貫で大体30キロカロリーといわれていますが、魚卵の場合はこれよりもカロリーが高くなります。ダイエット中やコレステロールが高い人は、こういったネタは食べないようにしましょう!

緑茶やガリをはさみながら

回転寿司に行くと、勢いづいて色々と食べてしまいがち……。食べ終えてから反省するのがお決まりになっている方も多いのでは。食べ過ぎを予防するために、お寿司を食べたら一旦休憩するようにしてみて。休憩するときに、緑茶を飲んだり、ガリを食べるのもいいでしょう。特に緑茶にはカテキンが含まれておりダイエットにも効果的。水分が胃で膨らむため、食べ過ぎで胃腸を荒らすこともなくなるのです。

お寿司ばかり食べるのではなく、お味噌汁やガリ、緑茶を間にはさみながら食べていくと、カロリーオーバーにならずに済みます。ダイエット中だからといって回転寿司を我慢する必要はありませんが、日頃の努力が水の泡にならないように細心の注意を払うようにしましょう。今度、回転寿司に行くときには“食べ方”を意識してみてくださいね!


writer:山口 恵理香