荒木経惟の個展、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで開催

写真拡大

荒木経惟の個展が、2015年5月25日(月)から6月20日(土)まで、東京・六本木にあるタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

22回目の個展となる今回は、カラーとモノクロームによる最新作を展示。今年の春から撮りためてきた、6×7ポジフィルムによるカラー写真と日付入りのモノクローム写真の数々は、1日の出来事や生と死を想う気持ちを日記のように描いているものばかりだ。

前立腺癌の発症と摘出、愛猫チロの死を経て、2013年には網膜中心動脈閉塞症を発症し、右眼の視力を失う現実に直面。それでもなお、荒木は以前と変わらぬ精力的なペースで撮影を続行し、数多くの作品を生み出してきた。

今回は、日常の風景を鏡写しのように反転させ、鏡の裏側=往生から世界を見ているという思いのもと、作品を製作。“向こう側”からの視点から撮影するのは、初めての試みだ。「死」から「生」に向かう、荒木の心境を捉えた最新作品をぜひチェックしてみて欲しい。

【イベント詳細】
荒木経惟個展
開催期間:2015年5月25日(月)〜6月20日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
営業時間:11:00〜19:00
定休日:日・月・祝祭日 ※25日(月)を除く。
TEL: 03-5575-5004

<本展のカタログ>
荒木経惟 『鏡の中のKaoRi 写狂老人A 2015.5.25 75齢 Birthday』
価格:12,000円+税
サイズ:H12.8cmx W18.5cm
仕様:ソフト・カバー、352ページ、掲載作品173点、
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム刊(2015年)
※500部限定
発売日:2015年5月25日(月) ※予定
※詳細は、ギャラリーに問い合わせ。