Doctors Me(ドクターズミー)- 男の不妊、女の不妊、それぞれに効く漢方

写真拡大

病院での治療の他、妊娠しやすい体質に改善すべく情報を集めてはさまざまな方法を実践している人も多いのではないでしょうか。そんな妊活ブームの中で、特に人気なのが漢方。漢方薬局では不妊の問題を得意として効果を上げているところもあり、いっぽう産婦人科でも生理不順や更年期障害に漢方薬を処方する医師が増えてきているとか。今回は、そんな妊活に役立つ漢方について、男女別に教えていただきました。

女性不妊に用いられる漢方薬

○当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血行を良くして体を温める作用があります。不妊のほか、疲労回復、生理不順などにも使われています。

○婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
血行不良を補い、卵巣や子宮の機能低下を防ぐ作用があるとされています。子宮内膜を厚くする効果もあると考えられています。

○温経湯(うんけいとう)
冷え性で体力がない、貧血気味の方向けといわれます。血行促進やホルモンバランスを整える作用があり、不妊治療や生理不順、更年期障害につかわれることがあるようです。

○加味逍遥散(かみしょうようさん)
気分の安定効果もあるといわれ、月経痛が重い人、PMS(月経前緊張症候群)の緩和などによく用いられます。

男性不妊に用いられる漢方薬

○補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
精子の数を増やし、運動率を良くする役割があるといわれており、男性不妊に非常に良く使われるお薬です。

○亀鹿二仙丸(きろくにせんがん)
体を温めて精気を養い、ホルモンの分泌を促進する作用があります。女性にも用いられます。

○竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
生殖器の炎症を抑え、精子の放出を改善する薬とされています。