山下和宏、これで10度目の最終日最終組!今回はいかに?(撮影:ALBA)

写真拡大

<関西オープンゴルフ選手権競技 3日目◇23日◇名神八日市カントリー倶楽部(6,900ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「関西オープン」は3日目の競技を終了し、山下和宏が8バーディ・2ボギーの“65”でスコアを6つ伸ばしトータル14アンダー単独首位に浮上した。明日は自身10度目となる最終日最終組。「違った緊張感を感じる」地元関西で悲願の初優勝へ挑む。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 「世間では3度目の正直って言うんですけどね」。トーナメントリーダーは自身のこれまでを振り返って笑っていた。首位に1打差で迎えたこの日は、2番ではグリーン手前から3番ユーティリティでアプローチして3メートルにつけてバーディが先行。続く3番では7メートルを放り込んで、勢いづいた。
 5番では3メートル、6番パー3ではティショットがワンバウンドでピンに当たるスーパーショットでバーディとすると、7番ではボギーを叩いたものの9番、10番でも連続バーディ。12番パー3ボギーのあとは、15番、16番とこの日4度目の2連続バーディを奪って単独トップの座を射止めて見せた。
 最終日最終組は今年の開幕戦東建ホームメイトカップを含む10度目だが、単独首位で最終日を迎えるのは、2011年の「日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills」以来2度目の経験だ。当時37歳の山下は王手をかけたメジャータイトルに挑み、惨敗した。
 スタートから3パットのボギーを叩き、前半だけで“41”。「力みがあって、スコアを落として慌ててしまった」。歯を食いしばって戦ったものの、メンタルも、技術も優勝を争うだけの力は備わっていなかった。だけど「今はあの時の僕とは違う」。
 「あの時は虎とライオンに囲まれた羊だった。今はちょっとは相手に怪我を負わせるくらいの勝負はできると思う。ショットが良くなったし、パットの安定感が違う」。草食系から肉食系への進化。目に見えるものとしては昨年から実践しているクロウグリップだ。右手を上からかぶせるように握るパットスタイルは「思ったところに打てるし、スピードも合う」と今季の躍進の原動力となっている。
 「明日はまだ上がいると思ってやる。目標は20アンダー。それで抜かれてしまったらしょうがない」。今週こそは、健闘だけで終わらせない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>