KAI-YOU.net編集部のカメラ(一部)

写真拡大

スマホカメラに、コンパクトデジカメ、デジタル一眼レフカメラなど、だれもが一つは写真や映像を楽しめるデバイスを持っている現代

【スマホカメラからデジタル一眼まで ポップな写真を撮る基礎と心構えの画像・動画をすべて見る】

誰もが気軽に撮影できる時代だからこそ、自分の目で見た景色や瞬間を、うまく写真や映像に残したいところだ。

例えば、会社の業務でちょっとした写真撮影を任されたり、友人の結婚式でカメラマンを頼まれたり、そんな時にふと撮影の難しさを感じたことがある人も多いだろう。

今回は、「いい感じに撮れてるね。」の一言を得られるような、写真や映像の撮影ポイントを紹介する。

カメラは「第3の眼」! いろんな場所から被写体を観察しよう


スタンダード



シンプルなスマホカメラから多機能なデジタル一眼レフまで、すべてのカメラに共通するのは四角いフレームに被写体を写すということ。

写真であれ映像であれ、撮影する際には構図が生まれてくる。その四角いフレームに構図は支配されてしまうわけだが、実際は自分の目と同じという認識が重要だ。

普段、誰もが自分の目線の高さで世界を見つめているが、しゃがめば対象物を見上げることになり、高い所に立てば見下ろすことになる。

また、対象物から離れていけば視界は広がっていき、視覚情報は増えていく。逆に、近づけば細部を捉えることができる。

こういった点を意識して、実際にスマホのカメラで実践したのが以下の画像だ。

遠近上下



「遠」では、木製の棚がある室内という情報まで伝えるが、「近」では逆にフィギュアの細部が見えることで迫力が感じられる。

そして「上」と「下」では、視点の高さが変わることで印象が違っている。今回の場合は、下から見上げる構図のほうが迫力を生み出し、被写体の魅力を引き出している様に感じられる。

遠近や上下左右、様々な位置から構図を探る中で必要なことは、「フレーム内の情報を取捨選択すること」と「対象物の魅力を引き出す目線をつくること」と言えるだろう。

人物や景色などを撮影するときも同様に、まずは自分の目を使って対象を観察し、「何を伝えたいか、どこに魅力を感じるか」を整理することで、見た人にとってわかりやすい写真や映像に近づけるはずだ。

明るさを見る能力! まずは明暗を見分ける


弊社の会議室

弊社の会議室 外が明るく、画面左側の壁側はかなり暗い



次に明るさを見極める能力ということで、まずはデッサンの授業を思い出してほしい。

デッサンでは正確にモチーフを再現するために、陰影を確かめながら、明るいところは鉛筆で薄く塗り、陰は濃く塗って表現する。

正確に対象物を写し取るという点では、カメラも同じだ。どこが明るく、どこが暗いのかを見極めることで、より良い撮影結果を得られるのである。

その最たる例としては、誰もが経験したことがある「逆光」だろう。

逆光と順光



光を背にしている逆光の場合、被写体が暗くなってしまい細部や色味の判断ができないが、きれいに光を受けている順光では綺麗に撮影することができる。

しかし、人間の視覚はカメラよりも遥かに優れた処理能力を持っており、逆光で対象物が見えないという状況はまず起こり得ない。

自分の目で感じる印象と撮影結果の誤差を埋めるためにも、まずは撮影環境の光や影を観察してみると良いだろう。

撮影は明るさが大切。露出を変えることで表現は広がる



デジタルカメラで撮影された画の明るさ(露出)は、絞りやシャッタースピード(カメラがシャッターを開けて光を取り込む時間)などによって変化する。

メーカーによって仕様は多少異なるが、基本的には現行のデジタルカメラのほとんどが、自動で適正露出を決定する機能が備わっている(オートモードやプログラムオートモードなど)。

その適正露出から、簡単に画を明るくしたり暗くしたりする機能が「露出補正機能」だ。

十分な光量が得られている状況下では、この機能を使うことで、絞りなどの複雑な設定をカメラが自動で行ってくれるため、思い通りの画の明るさをつくることができる。

補正



適正露出と比べると、露出補正で明るくしたほうは少し鮮やかな印象に変わった。また、暗くした方では、初音ミクの衣装が光を反射しているところが強調されている。

適正露出で綺麗に撮影されていれば、Photoshopをはじめとした写真加工ソフトを使うことで、撮影後に明るさを自由に変更することもできる。

しかし、先述のように目で見えている明るさや雰囲気と、カメラが決定した適正に誤差が感じられる場合には、露出補正機能でその誤差を縮めることで、撮影時の感動や印象をうまく反映した写真や映像に近づけるだろう。

夜はどうする? ライブハウスやクラブも暗くて難しい!


夜



撮影の最大の敵は「暗さ」だ。夜になってしまえば、街灯や月明かり無しでは人の目でも暗闇を見ることはできない。

同様に、光源が確保できない夜の撮影や、ライブハウスなど比較的暗い空間などでは、綺麗な撮影結果を得られないことが多い。

スマホカメラから一眼レフまで共通して言えるのは、暗い状況下ではフラッシュを使用することで、簡単に鮮明な写真や映像を撮ることができるということだ。

しかし、イベント撮影などフラッシュの使用が制限される場合も多くある。そのような場合は、ISO感度(デジタルカメラが光をとらえる能力)を上げることで明るさを確保する。

暗い



上の画像のように、シャッタースピードを比較的遅い設定にしても、ISO感度が低ければ(感度100)、なかなか明るさが得られない。

もちろん、シャッタースピードをより遅くすることで画を明るくすることも可能だが、手ぶれや被写体の動きが反映されるため、ぶれぶれの写真になってしまうだろう。

フラッシュ



その点、フラッシュを使った場合には、被写体が綺麗に写り、シャッタースピードも速くなる。その代わり、フラッシュ使用時に独特の、被写体が暗闇に浮かぶような写り方となる。

高感度



ISO感度を上げた場合(感度6400)は、暗い写真と同じ露出設定だが、フィギュアの顔がしっかり見えるほか、机や白い壁など全体の様子がはっきりと写っている。

カメラの機種により上限は異なるが、あまりISO感度を上げてしまうと電気信号の増幅が大きくなり、結果的にノイズが画面に現れてしまうので、注意が必要だ。

また、前述のように被写体のブレを無くすためには、速いシャッタースピード(画は暗くなる)が求められる。

そのため、フラッシュを使わない場合の暗さ対策としては、ISO感度を上げる、明るいレンズ(単焦点レンズなど、取り込む光の量を調節する絞りを大きく開けることで、光をより取り込めるレンズ)を使うことが挙げられる。

また、SONYの「a7」シリーズなどの高感度デジタルカメラは、ISO感度を大幅に上げながらも、低ノイズでの撮影を可能にしている。

こうした高感度デジカメを用いることで、シャッタースピードを速めることができるため、暗い場所でも安定した撮影結果を得ることができるだろう。

失敗は成功のもと! まずは、自分の見たままを写真に残せるようになろう。


ここまで基本的な撮影技術を紹介したが、撮影もスポーツや楽器演奏と同じく、練習や経験が上達の近道であることには変わりないだろう。

まずは、明るい場所で撮影するときは、自分の視覚とカメラの誤差を意識した撮影を心がけてみてほしい。

スマホカメラなどを使った身近な撮影でも、自分の狙い通りの写真や映像を意識するだけで、撮影技術を磨く練習になるはずだ。