「江戸切子」モチーフにしたガラスの内部から夜景を楽しむことができる

写真拡大

東京・銀座5丁目、かつて「数寄屋橋阪急(のちにモザイク銀座阪急)」があった晴海通りと外堀通りの交差点の一角で、大型商業施設開発「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」が進められている。同事業にあたる東急不動産は2015年5月21日、施設のフロア構成などを発表した。16年春開業予定の同施設は「伝統と革新が共存する銀座エリアの魅力を引き継いだ、新たな商業空間」になるという。

数寄屋橋交差点、阪急があった一角

新しいビルは、地下5階〜地上11階。敷地面積は約3770平方メートル、延床面積は5万平方メートル。オープンすれば数寄屋橋交差点に偉容を誇ることになりそうだ。東急不動産によると、プロジェクトのコンセプトは「Creative Japan〜世界は、ここか ら、おもしろくなる。〜」。銀座の立地ポテンシャルを最大限に生かした施設づくりをしたいとしている。

発表されたフロア構成によれば、地下2階〜地上11階部分には、ファッション、服飾・ライフスタイル雑貨、食物販、免税店、飲食店など約120店舗が出店を予定。また、6階と屋上部分には、施設のシンボルとなるパブリックスペースが計画されている。

6階部分には数寄屋橋交差点を一望できる高さ約27メートルの大吹抜け空間のアトリウム、屋上にはオープンエアーな 開放感のある大テラス空間を設置する。

6階アトリウムは、伝統工芸の「江戸切子」をモチーフにしたガラスの内部から銀座エリアの夜景を楽しむことができる。屋上部分は、誰もが気軽に利用できるパブリックな憩いの場として約1000平方メートルの一大オープンテラスを計画。更にテラス内には2つの異なるゾーンを設置。地上約56メートルの高さから銀座エリアの景色がみられる。