※イメージ画像:YouTube「ChinaSNH48」チャンネルより

写真拡大

 AKB48の姉妹グループで中国・上海を拠点に活動する「SNH48」のPVが日本国内で大好評だ。

 先日、SNHはAKBが2012年にリリースした「真夏のSounds good!」のカバー盤「盛夏好声音」を発売。そのプロモーションビデオが15日にYouTubeなどで解禁されたが、その映像は健康的エロスあふれる内容。ビーチを舞台に計24人のメンバーがビキニ姿で勢ぞろいし、偶然見つけた宝の地図を手掛かりに南の島で宝探しに乗り出すというストーリー仕立てになっている。また、水着姿をじっくり鑑賞できる男性ファンに嬉しいダンスバージョンもある。

 ビーチでビキニになるのは本家AKBのPVと同じなのだが、驚くべきはルックスとスタイルのレベルの高さ。特に「ユーミー」ことチャオ・ユエ(20)は「可愛くて巨乳」と注目を浴びており、推定Gカップのバストを揺らしながら健気に踊る姿に魅了される人が続出。ユーミーは黒髪の清楚な正統派美人。大人しそうなルックスで華奢なのにオッパイは大きいという、オタクの夢を具現化したような美少女だ。

 また、今回の曲でセンターを務める「タコちゃん」ことヅァン・ユーゲー(19)も評価は高い。水色と白のグラデーション水着を身に着けてセクシーさを発揮している彼女は、身長170センチの長身でスタイルはモデル級。劇場人気が特に高いといわれているグループの中核的な存在だ。

 昨年秋に「4000年に一人の美少女」と日本で話題になった「キクちゃん」ことチュー・チンイー(19)も参加しており、それ以外のメンバーも全体的に容姿のクオリティが高い。AKB48の「真夏のSounds good!」のPVと見比べると、ルックスやスタイルで明らかに本家が見劣りしていると思わざるを得ないほどだ。

 このSNHのPVを目にしたネットユーザーからは以下のような賞賛の声が上がっている。

「これだけ可愛い子ばかりだと本家が公開処刑レベル」
「乃木坂46のトップどころか佐々木希クラスが10人以上いるぞ」
「これから親中派になるわ」
「マジでレベル高いな、韓国ほどのサイボーグ感もないし」
「さすが日本の10倍以上の人口から選ばれただけある」

 かねてからSNHの容姿レベルの高さはアイドルファンの間で知られていたが、メンバー全員が水着姿になったことでスタイルの良さが際立ち、衝撃が大きくなったようだ。

「SNHの1期生オーディションは応募総数3万8066人から26人が選ばれた。2期生は4万7976人の応募で合格したのが34人(審査保留扱い含む)。現在は5期生の選考が行われていますが、応募は10万人を超えている。その中から厳選された美少女ばかりがメンバーになるのですから、レベルが高いのは当然です」(アイドルライター)

 これだけレベルが高いにもかかわらず、2012年に結成されてからの出だしはあまりよくなかったという。だが、AKB48から宮澤佐江(24)や鈴木まりや(24)が移籍するなどといったテコ入れ策が徐々に功を奏し、いまや中国で大人気のグループになりつつあるようだ。

「当初は日本発のアイドルグループということに反発もあったのですが、名物の『選抜総選挙』というシステムが好評で次第に人気が高まってきました。共産党支配の中国では選挙で物事を決めることがなく、若者たちにとっては非常に新鮮に感じられたようです。現在はSNHの第二回『夢想高飛(選抜総選挙)』がスタートし、7月の開票に向けてファンが大いに盛り上がっています」(前同)

 中国には富裕層のAKBファンが多くおり、AKB48の「選抜総選挙」でも中国ファンの大量投票「中華砲」が勝負を左右するといわれている。その中国ファンたちが自国のSNHに目を向けるようになれば、グループの勢いは飛躍的に高まりそうだ。現地での人気が盤石になれば、彼女たちが日本に本格進出してくる可能性もあるだろう。そうなれば超美少女軍団の来襲で本家・AKB48の化けの皮がはがれてしまうかも...?
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)