Doctors Me(ドクターズミー)- プールに海!【赤ちゃんの水遊び】はいつからOK?

写真拡大

暖かい日が続き、すっかり半袖の季節になりましたね。お子さんにとってこれからの季節の楽しみといえば「水遊び」です。
しかし、赤ちゃんの水遊びはいつからOKなのでしょうか?

今回は、そんな赤ちゃんの水遊びについて、医師に解説していただきました。

■ お座りができるようになったら水遊びOK!

水遊びが出来るようになるのは、お座りの姿勢が取れるようになってからです。目安は5ヶ月くらいですが、お子さんの発達にばらつきが多い時期なので、座れるようになってから、と考えるのがいいでしょう。

初めは洗面器やベビーバスにぬるま湯を張って、目の届く範囲で少しずつ水遊びになじませていってあげましょう。水遊びに少し慣れてきたら、市販のビニールプールを庭やベランダに出して楽しんでみましょう。水遊び用のおもちゃや、水を汲めるものがあると飽きずに楽しめます。

必ず大人が見ているところで遊ばせるようにしてくださいね。

■ プールはオムツNGの場合もある!

プールは早くても6〜7ヶ月以降で、無理なく遊べる体力がついてから出かけるようにしましょう。はじめはママが抱っこをして体温を感じさせてあげると、安心してなじみやすくなります。
プールに着いたら、まずは準備運動をして少しずつ体を慣らしていってあげましょう。

ウンチをしても大丈夫なオムツもありますが、公営のプールはオムツの取れていない赤ちゃんは入れない場合がほとんどなので、よく確認してから行くようにしましょう。

■ 0歳のうちは海は見るだけが〇!

潮風の中のお散歩から慣れていきましょう。海は潮風や直射日光で赤ちゃんのお肌に刺激が強いため、必ず日焼け対策や帽子をかぶるようにしてください。早くて7ヶ月頃から、抱っこで海辺をお散歩することからはじめてみましょう。10〜15時は日差しが強く、砂も熱くなっているのでなるべく避けるようにしましょう。

赤ちゃんはお肌も繊細ですし、海水につけるのは1歳半頃までは控えたほうが安心ですね。

■ 水遊びの際の4つの注意点!

1. 体の冷え
水に浸かっていると赤ちゃんの体はすぐに冷えてしまいます。長くても5分ずつにし、様子をみながら休憩を入れる事が大切です。体をタオルで覆って保温を心がけましょう。

2. 日焼け
赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。大人にとっては大した事のない日差しで、肌が焼けて真っ赤になってしまうことがあります。日焼け止めなどの対策を必ずしましょう。また、日陰を作って休憩をしながら楽しみましょう。

3. 感染症
プールや海、噴水などは、たくさんの人が利用する場所です。体調は万全な時を選ぶこと、うがい・手洗いをしっかりと行うことが大切です。

4. 水の事故
赤ちゃんは誤って水をたくさん飲んでしまったり、少しの水でも溺れたりすることがあります。必ず、目を離さずに付き添いましょう。

■ 医師からのアドバイス

これから水遊びに最適な時期ですが、不慮の事故を避けるためにも、目を離さず付き添うことが大切です。赤ちゃんの水遊びはきちんとケアをすればとても楽しい思い出になります。たくさんの思い出を作ってくださいね。