リュクスな輝きの腕時計にうっとり。ティファニーのウォッチアーカイブ展が銀座で開催

写真拡大 (全3枚)

青いボックスにきらめくダイヤモンド…ニューヨーク生まれのティファニーは、世界中の女子の憧れ! そのティファニーが、5月22日(金)から31日(日)までの期間限定で、ティファニー銀座本店3階にて新作ウォッチコレクション「ティファニー CT60」の発売を記念したウォッチアーカイブ展「メイキング オブ 『ニューヨーク ミニット』~ティファニー アーカイブに眠る至高のタイムピース」を開催するそう。
同展では、ティファニーの165年以上にわたるウォッチの歴史を語る上で、なくてはならない腕時計を間近で見ることができる。19世紀半ばから後半に作られた高機能を搭載したハンターケース型のポケットウォッチをはじめ、パリ、シカゴ、そしてニューヨークの万国博覧会で展示された芸術性の高いウォッチや、1920年代に流行した"フラッパー"ファッションに欠かせないアイテムであったアールデコ調のダイヤモンドカクテルウォッチなど、高いクラフトマンシップとデザイン性をもつウォッチが揃う。リュクスな輝きを放つウォッチの数々にうっとり。


なかでも最も貴重なピースのひとつとして、4月に発表した「ティファニー CT60」のインスピレーションソースとなった第32代アメリカ合衆国大統領、フランクリン・デラノ・ルーズベルトが愛用していたウォッチも展示される。ルーズベルト大統領は、義理の息子から贈られたこのゴールドの時計を1945年のヤルタ会議でも着用していたとか。

ティファニーが築きあげた165年以上にわたるウォッチメイキングの歴史を語る貴重な腕時計の数々を見ることができるこの機会をお見逃しなく!