真鍋大度の特別レクチャー「音楽、データ、デザイン」:6/3ライゾマ新スタジオで開催 #WXD

写真拡大

【6/3「WXD」レクチャー開催決定!】
クリエイティヴ集団ライゾマティクスの真鍋大度が「音楽、データ、デザイン」の未来を語る。5月末の「TAICOCLUB'15」で披露されるノサッジ・シングとのオーディオヴィジュアル・セットなど、注目を集めるライヴ演出やMV制作の最新のアイデアが明かされる。

「真鍋大度の特別レクチャー「音楽、データ、デザイン」:6/3ライゾマ新スタジオで開催 #WXD」の写真・リンク付きの記事はこちら
WXD レクチャー
「音楽、データ、デザイン」真鍋大度の特別レクチャー

>>レクチャーに申し込む

日時:6月3日(水)19:30 - 21:00(19:00開場)

場所:ライゾマティクス(東京都渋谷区東2-27-7 1階)

WIREDは、5月10日から約1カ月間にわたって開催中の一連のイヴェント「WXD(ワイアード・バイ・デザイン)」のひとつとして、6月3日に「ライゾマティクス(Rhizomatiks)」の真鍋大度の特別レクチャーを開催する。

真鍋に今回レクチャーを依頼したきっかけは、L.Aを拠点に活動するプロデューサー/DJ「ノサッジ・シング(Nosaj Thing)」との新たなコラボレーションの取り組みを聞きつけたからだ。

彼はノサッジの前作『Home』で、収録曲「Eclipse/Blue」のミュージック・ヴィデオを監督している。同作はYouTube公開後、わずか2週間で40万アクセスを越えるほどの話題となった。

ニュー・アルバム『FATED』を5月2日にリリースしたノサッジは、再び真鍋と組んでオーディオヴィジュアル・セットを制作しており、それを 5月末に長野・こだまの森で開催される野外音楽フェス「TAICOCLUB’15」で披露するのだという。

ライゾマティクスの新スタジオで、真鍋はそのライヴセットの一部を上映し、ノサッジとどのようなアイデアのやり取りをしていたのかなど、貴重なバックストーリーを語る予定だ。

最近、さまざまなメディアを通して、真鍋の音楽と人工知能への関心の高さをうかがい知ることができる。昨年の「Red Bull Music Academy 2014 Tokyo」の特別レクチャーで彼は、「人工知能は総合芸術だ」と語った。

(関連記事)なぜ音楽は真鍋大度を必要とするのか:Red Bull Music Academyのレクチャーで語られたこと

その後、今年1月から放送されたNHKスペシャル「NEXT WORLD -私たちの未来-」で、サカナクションの楽曲から無限のリミックスを生成する人工知能「SYMPHONY」(Remix制作はAOKI Takamasa)を開発・披露した。

そして2月には、世界中のネットワークを介して音楽を学習する人工知能をベースに、DJやVJの新たな表現を探る実験的なクラブイヴェントも開催した。

(関連記事)真鍋大度、徳井直生の新たな挑戦。人工知能がテーマのDJイヴェント「2045」

それらの経験を経て、いま音楽と人工知能、そしてデザインの未来について彼は何を思うか。先端テクノロジーを駆使して音と映像を操る真鍋大度の最新アイデアが聞ける、この貴重な機会をお見逃しなく!

WXD レクチャー
「音楽、データ、デザイン」真鍋大度の特別レクチャー

>>レクチャーに申し込む

日時:6月3日(水)19:30 - 21:00(19:00開場)

場所:ライゾマティクス(東京都渋谷区東2-27-7 1階)

定員:40名(応募フォームの記載内容から参加者を選出)

締切り:5月27日19:00(当選者には5月29日に通知予定)

参加費:5,000円(税込)

真鍋大度 | DAITO MANABE
1976年生まれ。東京理科大学理学部数学科卒業、国際情報科学芸術アカデミー (IAMAS) DSPコース卒業。2006年にウェブからインタラクティヴデザインまで幅広いメディアをカヴァーするデザインファーム「ライゾマティクス」を立ち上げ、08年には、石橋素とハッカーズスペース「4nchor5 La6」(アンカーズラボ) を設立。ジャンルやフィールドを問わずプログラミングを駆使してさまざまなプロジェクトに参加。MIT MediaLab、Fabricaをはじめ世界各国でワークショップを行うなど教育普及活動にも力を入れる。http://daito.ws/
PHOTOGRAPH BY KAZUAKI SEKI

「未来のデザイナー」7人が集結! WXDカンファレンス 6/6に開催

あらゆるものが「デザイン」の対象となったいま、これから求められるのは「あたりまえ」を疑う力だ。新たな視点で世界をとらえるためのマインドセットを、NewDealDesignのガディ・アミットら、7人のデザイナーに学ぶ。詳細はこちらから。

WXD特集サイト:「デザイン」をリデザインする25の視点

デザインは、いまのあたりまえをちょっとずつ疑う方法であり、実験だ。3月10日に発売された雑誌の特集「ワイアード・バイ・デザイン」では、デザインの領域を拡張し、新しいものの見方を提示する25の事例を掲載している。そこで紹介したデザイナーや企業サイト、その関連動画や参考書籍をまとめて紹介。

TAG

DaitoManabeDesignEventMusicRhizomatiksWXD