『アニメビジエンス』Vol.07 表紙(画像はアニメビジエンスのサイトより)/(C)ぴえろ

写真拡大

イラストレーターの村田蓮爾さんが、業界唯一のアニメビジネス誌『アニメビジエンス』vol.07の表紙を手がけ、話題を呼んでいる。

【村田蓮爾の描くクリィミーマミ!『アニメビジエンス』表紙に注目集まるの画像・動画をすべて見る】

表紙を飾るのは、放送開始から30年を超えた今もなお多くのファンに愛される伝説的TVアニメ『魔法の天使クリィミーマミ』の主人公・森沢優と、彼女が変身した姿であるクリィミーマミの書き下ろしイラストだ。

美少女イラストのエキスパートが描くクリィミーマミ



『アニメビジエンス』は、産業面での規模や将来性について語られることの少ないアニメをビジネス視点でとらえ、科学的に分析することを目的とした季刊誌。

これまでにも、貞本義行さん、大友克洋さん、藤島康介さんといった著名漫画家、イラストレーターらが表紙を担当し、過去の名作を描いてきた。

今回表紙を担当した村田さんは、TVアニメ『LAST EXILE』や『シャングリ・ラ』のキャラクターデザインなどで知られ、独特で透明感のあるタッチに定評のあるイラストレーター。近年では、講談社ラノベ文庫から発刊されている『進撃の巨人 隔絶都市の女王』のイラストを担当し、注目を集めた。

試し読みキャンペーンも実施中



今号では、昨今収益源として厳しい局面にあるパッケージ販売ビジネスに代わり、舞台『弱虫ペダル』などで高まりを見せつつある、アニメ作品をベースとした「2.5次元ミュージカル」が、巻頭特集として掲載されている。

なお、本誌は業界誌のため一般書店では販売されておらず、アマゾンジャパンなどにて特定号の購入、または定期購読が可能となっている。

さらに現在、Twitter上で「フォローで試し読みキャンペーン」が実施中だ。公式アカウントをフォローした上で、「#アニメビジエンス」のハッシュタグを入れてツイートすることで、バックナンバーのうち2冊が抽選でプレゼントされるとのこと。キャンペーン期間は6月3日(水)午前10時までとなっている。

※記事初出時、タイトルの表記に誤りがございました。読者の皆様および関係各位にお詫び申し上げると共に、慎んで訂正いたします。