ノーボギーで首位を捉えたW・リー!(撮影:ALBA)

写真拡大

<関西オープンゴルフ選手権競技 2日目◇22日◇名神八日市カントリー倶楽部(6,900ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー『関西オープンゴルフ選手権競技』は2日目の競技が終了、片岡大育とW・リー(オーストラリア)がトータル9アンダーで首位に並んだ。初日首位に立った片岡は1イーグル・4バーディ・2ボギーの“67”でラウンドし4つ伸ばした。一方のリーは6バーディ・ノーボギーの“65”で6つ伸ばし片岡を捕らえた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 1打差のトータル8アンダー3位タイには山下和宏、藤本佳則、リャン・ウェンチョン(中国)の3人が並び、続くトータル7アンダー6位タイには藤田寛之、岩田寛、ジュビック・パグンサン(フィリピン)の3人がつけた。さらにブラッド・ケネディ(オーストラリア)、塚田陽亮、竹安俊也の3人がトータル6アンダーで9位タイとした。
 その他では宮里優作はトータル4アンダーの15位タイ。大堀裕次郎はトータル3アンダーで21位タイ。小田孔明はトータル1アンダーで39位タイとした。
 
【2日目の結果】
1位T:片岡大育(-9)
1位T:W・リー(-9)
3位T:山下和宏(-8)
3位T:藤本佳則(-8)
3位T:リャン・ウェンチョン(-8)
6位T:藤田寛之(-7)
6位T:岩田寛(-7)
6位T:ジュビック・パグンサン(-7)
9位T:ブラッド・ケネディ(-6)
9位T:塚田陽亮(-6)他
15位T:宮里優作(-4)他
21位T:大堀裕次郎(-3)他
39位T:小田孔明(-1)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>