ヤフー<4689>は3日、取締役会で05年3月期の利益配当の実施と株主優待制度の廃止を決議した。ヤフーが上場以来、配当を行うのは今回が初めて。配当性向は連結当期純利益(同社は今期、353億−365億円を予想)の10%をめどとする。

 発行済み株式は755万株で、同社広報によれば、一株当たり468円から484円の配当金が支払われることになる。今後、具体的な金額などを決定し、今年6月に行われる定時株主総会に付議する予定。

 同時に、1株以上保有する株主に対して年2回、腕時計など3000円相当の自社オリジナルグッズを贈呈する株主優待制度を廃止することにした。【了】