デニムブルーなど8色登場(COLOR LIFE 5 WATERPROOF)

写真拡大

ソフトバンクモバイルは2015年5月22日、15年夏のラインアップとして、「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話機(フィーチャーフォン)2機種を発売すると発表した。新たに登場するのはパナソニックモバイルコミュニケーションズ製の「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」と、ZTE製の「かんたん携帯8」。「COLOR LIFE 5」は5月29日、「かんたん携帯」は6月上旬以降の発売予定だ。

「ガラケーのりかえ割」にも対応

「COLOR LIFE 5」は、文字が読みやすい3.4インチの液晶画面に加え、着信相手がひと目でわかるサブディスプレーを配置している。電卓やアラームなど使用頻度が高い機能や、よく電話する連絡先を3つまで登録できる「マルチワンタッチボタン」を備えるほか、510万画素のカメラ、IPX5/7の防水、IP5Xの防じん性能などを備えている。連続待受時間は約600時間、ワンセグやBluetooth、赤外線通信(IrDA)などに対応している。

「かんたん携帯8」は、シニア向けの機種。自宅など、よく連絡する相手を5つまで登録できる「ワンタッチボタン」が特長だ。連続待受時間は約570時間。容量1100mAhのバッテリーを備えているため、「万が一充電を長期に渡って忘れても、1週間は安心して利用可能」という。500万画素のカメラ、IPX5の防水、IP5Xの防じん規格に対応。GPS機能、防犯ブザーも搭載している。

どちらの機種も、ソフトバンクモバイルの割引サービス「ガラケーのりかえ割」の対象。これは、他社の従来型携帯電話機からMNP(携帯電話番号ポータビリティー)をつかって「のりかえ」すると、国内音声通話が定額になる「通話し放題プラン」を3年間、月々1480円(通常2376円)で利用できるものだ。