2012年から日本人を母に持つ世界的名将のひとり、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)がチームを率いて4年目となるラグビー日本代表。今年9月にイングランドで開催されるラグビーワールドカップに向けて、チームの強化は日々行なわれている。

 その「エディー・ジャパン」ことラグビー日本代表が4月6日、宮崎で合宿したときのことだった。午後の全体練習が始まった直後のこと。どこからともなく、「ブンブンブン」と大きな音を出して飛んできたのは、無人小型航空機の「ドローン」だったのである。

 起動音が蜂の飛ぶ音に似ているため、雄のミツバチを意味する「drone」から名付けられたと言われている、無人小型航空機の「ドローン」。4月22日、首相官邸の屋上に落下していたことが発覚し、一気に有名になったシロモノだ。

 なぜ、ラグビーの練習場にドローンが現れたのか? 実は、昨年まで日本代表で主にバックス(BK)のスキルコーチを担当していたスコット・ワイズマンテル氏(現フランスリーグ・リヨンのコーチ)の薦めで、ジョーンズHCがドローンの導入を決めたのだという。指揮官は、その意図をこう説明した。

「広い視野で選手をチェックしたり、ボールから離れた選手の動きを見るためです。現代ラグビーは、試合時間の60パーセントがラックや(相手のキックを追う)チェイスなど、ほぼ全員が立っている状態です。よって、ボールを持ってないときの動きができているかどうかは、このドローンでより鮮明に見られます」

 日本代表はアタックに関して、スクラムハーフ(SH)、スタンドオフ(SO)、センター(CTB)の周りに他の選手が立ち、重層的に攻める「アタック・シェイプ」という戦術を導入している。よって、相手ディフェンスを惑わすためには、ボールを持っていない選手が全員で動いて、パスの選択肢になることが重要である。またディフェンス時も、どこに立つかが大事であり、今春から力を入れている分野のひとつである攻守の切り替えや、味方がキックを蹴った後に周りの選手が走るコースも確認する必要がある。

 つまり、ドローンは、「オフ・ザ・ボールの動き」をチェックすることが狙い――というわけだ。iPadで練習を撮影しながらドローンを操縦している分析担当の中島正太氏は、「(選手の)後ろから撮影することで、選手たちの走っているラインがよく見えます」と、早くもその効果を実感している。ちなみに、すぐにドローンの操縦には慣れたとのことだ。

 このドローンには高解像度の「4Kカメラ」が搭載されており、さらには広角レンズでグラウンドを斜め上から隅々まで撮ることができる。映像は鮮明であるため、選手たちは、「サボれなくなりましたね(苦笑)」と声を揃えていた。

 プロのラグビー指導者になる前、数学や体育の教師だったジョーンズHCは、コーチングに対して常に歩みを止めない。「良いコーチになるためには日々、勉強しなくてはいけない。私はコーチ歴20年の55歳ですが、今でも自分より知識を持っている人のところに行って話を聞きます。ビジネスと一緒で、ラグビーのコーチングも常により良い方法、新しい方法がある。学ぶ準備、学ぶ心構えがないといけません」という姿勢を貫いている。

 そんなジョーンズHCは、ドローン以外にも様々な科学的アプローチで日本代表を指導している。試合や練習だけでなく、対戦チームを分析した映像などを日本代表の専用サーバーで共有し、選手は配布されたiPadでいつでも確認できるようになった。

 その他にも、人工衛星によるGPSや、加速度計が装着されたウェアラブルセンサーを選手の背中に取り付けてプレーさせている。以前の日本代表でも使用していたが、エディー・ジャパンになってからは毎回、グラウンド練習で5人ほどが装着。走った距離、スピード、さらには身体への衝撃なども計測している。

 また、オーストラリア代表や南アフリカ代表で指導歴のあるジョーンズHCは、他の強豪国のデータも持っており、それらと比較しつつ、「日本のトップリーグ選手のトップスピードは秒速8メートルくらい、世界は秒速10メートルくらいです。だから我々日本代表は、秒速12メートルになるように練習しています」と、取り入れたデータをコーチングに還元している。

 例えば、5月9日の韓国代表戦前日にウイング(WTB)の福岡堅樹が、「実感はありませんが、GPSの計測で、スピードが上がっていると言われていました」とコメントすれば、翌日の試合ではそのスピードを生かしてハットトリック(1試合3トライ以上)を達成した。もちろん、プレー自体の質が大事だが、データを使うことで選手の目標を分かりやすく設定し、モチベーションを高める効果もあるようだ。

 さらにジョーンズHCは、イングランド代表やウェールズ代表が「ワットバイク」という選手のワット(速度×力)を数値化できるエアロバイクを導入したと聞けば、日本代表にも持ち込んだ。このバイクは2012年のロンドン五輪時、イギリス代表のボート競技と自転車競技のメダルラッシュを支えた機器のひとつだという。

 今春、フォワード(FW)の選手たちがこのバイクに乗り、5人中4人が2000ワットという数字を叩き出した。この数値は、日本の競輪のトップ10に入る選手たちに匹敵するのだという。6秒間でどのくらいの最高数値を出すかがひとつの指標となっており、この数値が高い選手ほど、試合でパワーを出せるということになる。特に相手とのコンタクトが多いバックロー(6番〜8番)やアウトサイドCTB(13番)は、この数値が高いほうが有利となるだろう。

 もちろん、ジョーンズHCは選手の体重や体脂肪なども測っており、2012年の秋から2013年の春にかけてFWの選手たちに向けて、「スクラム強化のために、5キロ筋量を増やしてほしい」と具体的に指示したこともあった。いずれにせよ、こうした科学的な数値やデータを使うことで、選手のモチベーションや達成感は確実に高まるはずだ。また、数値やデータを継続的に計測し続けることで、指揮官としてはベテランや若手に関係なく、「常に成長し続ける選手」を呼び続けることができるのだろう。

 2014年11月に過去最高の世界ランキング9位にもなったラグビー日本代表(現在は11位)。ラグビー界における世界最先端の科学的アプローチが、日本代表のチーム強化に一役買っていることは間違いない。ワールドカップまで残り100日あまり。今日も「ドローン」に見守られながら、エディー・ジャパンは「W杯ベスト8進出」という目標に向かって邁進している。

斉藤健仁●文 text by Saito Kenji