映画「エイリアン」と「エイリアン2」の間の物語

写真拡大

セガは、プレイステーション4(PS4)とXbox One用ゲームソフト「ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-」を2015年6月11日に発売する。価格はパッケージ版が7990円(税別)、ダウンロード版はPS4向けが7990円(同)、Xbox One向けが7980円(同)。

日本限定「コンプリートパッケージ」オリジナルミッションで原作映画を追体験

未知の異星文明のものと思しき信号を捉えたあと消息不明となったノストロモ号事件から15年。エレン・リプリーの娘アマンダは、行方不明となった母親の消息を求め、ノストロモ号のフライトレコーダーがあるという辺境の宇宙ステーションへ向かう。しかし内部はエイリアンが跋扈し、死体袋が散乱する地獄そのものだった―。

映画「エイリアン」の世界観を受け継ぐサバイバルホラー。「エイリアン」と「エイリアン2」の間に展開する物語が描かれる。独自AI(人工知能)で行動し、学習能力を持つエイリアンから如何に隠れ・誘導し対面しないようにするか、プレイヤーは命がけの試行錯誤を迫られる。暴走したアンドロイドや疑心暗鬼に陥った人間とも衝突しながら、宇宙ステーションから脱出するのが目的。

日本版は「コンプリートパッケージ」となっており、原作映画を追体験できる2つのオリジナルミッションもプレイ可能だ。