22日の「バイキング」(フジテレビ系)で、雨上がり決死隊・宮迫博之が、新幹線の客から受けた理不尽なとばっちりに怒りをあらわにする一幕があった。

番組の「坂上&雨上がりのコレだけは言わせて」コーナーで、宮迫は新幹線に乗ったときのエピソードを披露した。寝ようとしていた宮迫は激しい揺れを感じ、「新幹線ってこんなに揺れたっけ?」と振り返ったところ、後部座席の男性がずっと貧乏揺すりをしていたという。

宮迫が舌打ちをすると、男性は貧乏揺すりを止めるどころか、「あぁん!?」とにらみつけてきたそうだ。周囲に寝ている客もいるため、宮迫は大声を出すのを控えたそうだが、東京から名古屋までの道中、男性が引き起こす揺れを2時間も我慢する羽目になったという。

しかし、ついに揺れに耐えかねた宮迫は、男性の足元を指し、少し大きめの声で「これ、止めてもらっていいかな?」と注意したそうだ。男性はそこでようやく自らの過ちに気づいたようで、「申し訳ない!」と謝罪し、それから揺れは止んだという。

ところが、声を出して注意した宮迫を、新幹線の客はむしろ悪者を見るような目で見てきたのだとか。その視線は「アイツ、文句言いそうやけど、やっぱりこういうの言うんや」と言いたげだったといい、宮迫は「『じゃあ、お前ら2時間揺れてみ?』と思うわけ!」と声を荒らげた。

【関連記事】
雨上がり決死隊・宮迫博之、タメ口をきく後輩には厳しいお仕置き発言「ノド踏みます」
松本人志の頭をつかみ、激怒を覚悟した宮迫博之…無謀な行動の理由を告白
宮迫博之がナインティナインと「アメトーーク!」プロデューサーとの会話に違和感を抱くと明かす