Doctors Me(ドクターズミー)- セックス中の“痛み”・“出血”は病気が原因?

写真拡大

セックスの痛み(性交痛)、出血…原因は?

セックスのときに“痛い”、“出血がある”。女性にとって、とても心配な症状ですよね。とはいえ、病院に行くのは何だか恥ずかしい…。ここでは、そんなセックスの痛み(性交痛)や出血の原因について、お答えします。場合によっては大きな病気が隠れている可能性も…チェックしてみましょう!

セックス中の“痛み”の原因

1. 痛みが「膣」である場合
・帯下(潤滑油の役割をする膣からの分泌液)が足りていないこと(萎縮性膣炎)
・感染により炎症が起こっていること(カンジダ膣炎、細菌性膣炎)
などが考えられるでしょう。感染が起こっている場合には、抗生剤治療が必要になることもあります。

2. 痛みが「子宮、卵巣など体の内部」である場合
・子宮内膜症(詳細)
・子宮筋腫(詳細)
・卵巣嚢腫(詳細)
・子宮腺筋症
・骨盤内感染
など、より重大な病気である可能性があります。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症は、性交時痛だけでなく、月経痛が重くなるなどの症状を伴うこともあります。また骨盤内感染は、重症になると発熱したり、全身に細菌が行きわたってしまうと命を落とすこともある病気です。

これらの病気を診断するためには、婦人科を受診し、内診、超音波検査などで詳しく調べてもらう必要があります。

セックス中の“出血”の原因

膣に異常があって起こることが多く、

・萎縮性膣炎
・子宮入口のびらん(詳細)
・子宮頸管ポリープ(詳細)
・子宮頸がん(詳細)

などが考えられます。

膣炎やびらんの場合、炎症がおさまるまではセックスを控えましょう。刺激を与えなければ、治癒のスピードもアップ!ポリープは外来で簡単に切除することができます。このほとんどが、命にかかわるものではありません。
しかし、子宮頸がんの場合は要注意。進行すると致命的になりうる病気です。定期的に婦人科で子宮頸がん検査を受けるようにし、性交時出血だけでなく不正出血がある場合には、早めに婦人科を受診しましょう。