さらに軽量になったPASの新モデル登場!

写真拡大

ヤマハ発動機はスポーティタイプの電動アシスト自転車「PAS VIENTA5(パス ヴィエンタファイブ)」12万9600円(税込)を2015年6月22日に、「PAS Brace XL(パス ブレイス エックスエル)」16万3080円(同)を7月10日に発売する。

ともに小型・軽量の次世代ドライブユニットを搭載。さらに車両重量を軽量化したという。

「PAS VIENTA5」はユニセックスなスポーツカジュアルモデルだが、乗り降りしやすいフレームや、内装5段変速機、通勤や買い物にも使用しやすいサークル錠など、実用性も兼ね備えている。エスニックブルー、マットブラック、ソニックオレンジ、クリスタルホワイトのスタイリッシュな4色。

「PAS Brace XL」は通勤やサイクリングなどの長距離走行を楽しめる本格派のスポーツモデル。軽量でスポーティなアルミ製ダイヤモンドフレームや、フロントサスペンション、大容量12.8Ahリチウムイオンバッテリー、内装8段変速機を搭載する。ガンメタリック、アビスレッド、クリスタルホワイト、スカイブルーのシャープでスポーティな4色。

2モデルともに、残りアシスト走行可能距離や消費カロリーなどを表示する「液晶マルチファンクションメーター」、ギアポジションに合わせて細やかな制御を実現する独自機構「S.P.E.C.(スペック)」、トリプルセンサーシステムなどの従来から定評のある特長を搭載している。