おまかせモードからこだわりのモードまで、高度な動画編集を手軽に

写真拡大

ソフトウェア開発などを手がけるデジタルステージ(東京都港区)は、動画作成ソフトウェア「PhotoCinema(フォトシネマ)」を2015年5月28日に発売する。

フルHD書き出し対応 動画共有サービスにアップロードして公開

好きな素材をランダムまたはファイル順に並べる「おまかせモード」、構成から映像効果まで細かく設定する「じぶんでモード」、ストーリー設計が入ったテンプレートを使う「シナリオモード」、用途や目的に合わせて3つのモードから選んで編集する。

曲のテンポに合わせてタップすることでBPM(拍子)を検出。音楽のリズムに合わせて編集する「タップ機能」や、映像を分割してレイヤーごとにカスタマイズする「フレーズ編集」など、高度な編集が可能。多彩なフィルターをかけたり、動画に画像や動画を重ねることもできる。素材集めなどを共有し、遠方の人と複数で編集できる「コラボ機能」も搭載。

動画の書き出しはフルHD(1080p)対応。「You Tube」「Vimeo」「Facebook」などの動画共有サービスにアップロードして公開できる。

通常版の「PhotoCinema for Windows/Mac」とウェディング版の「PhotoCinema Wedding for Windows/Mac」、素材やテンプレートの違う2ラインアップが用意される。価格はパッケージ版・ダウンロード版とも各1万4800円(税別)。