「JR時刻表」と「MY LINE 東京時刻表」掲載の全データを表示

写真拡大

時刻表および旅行誌などを出版する交通新聞社(東京都千代田区)は、タブレット端末用時刻表アプリ「デジタルJR時刻表」のサービスを2015年5月28日に始める。月刊誌「JR時刻表」の表示内容を目的に応じてカスタマイズできる機能を搭載した世界初のサービスという。対応機種はiOS 7.0以降のiPad/iPad mini、Android 4.2〜4.4で解像度1200×1920ドット以上のタブレット端末。

iPad/iPad miniとAndroidタブレット対応 デジタル版ならではの便利な閲覧機能搭載

東海道新幹線の「のぞみ」号だけを表示したり、「東京駅発時刻」「新大阪駅着時刻」といった特定の駅の時刻のみを表示するなど、月刊誌「JR時刻表」の内容を目的に応じてカスタマイズできる機能を搭載する。列車や駅の絞り込みは同時に行うこともできる。「JR時刻表」のほか、「MY LINE 東京時刻表」に掲載の全データを表示可能。

時刻表や路線図はフルカラーで、拡大表示も対応。全ての列車と駅で乗り継ぎ列車時刻をワンタップで表示できる。よく使う機能をトップページから呼び出せる「ブックマーク機能」や、目的の列車や駅の時刻表に背景色をつける「マーカー機能」など、デジタル版ならではの便利な閲覧機能を搭載した。

初回インストール時に14日間無料の試用期間を設ける。それ以降は有料で、価格(税込)は利用日数に応じ、30日(960円)、180日(5400円)、365日(9800円)。7月31日まで「リリース記念キャンペーン」として特別価格で提供される。特別価格は、30日(480円)、180日(2800円)/、365日(4800円)/。