今コレ! : 【毎日、忙しい女性のための「美肌・時短」栄養学2】 意外と知らないコラーゲンの嘘・ホント

skin&foods毎日、忙しい女性のための「美肌・時短」栄養学2

意外と知らないコラーゲンの嘘・ホント

肌の弾力やキメに欠かせないコラーゲン。前回では、賛否を呼んでいるコラーゲンを摂って意味があるのかないのかについて、解説しました。今回はもう少し深堀したコラーゲンの情報をお伝えしましょう!

コラーゲンサプリを選ぶなら分子サイズが小さいものをチョイス?

前回、食べてもどこにいくかわからないコラーゲンのお話しをしました。コラーゲンを食べても胃で分解されてしまうので、肌に行くとは限りません。ですが、食べなけれなゼロ。コラーゲンを摂取することに意味がないわけではないのです。

さらに、コラーゲンの分子の大きさによって肌に届く確率が高くなることがわかってきました。

コラーゲンを酵素などで分解し、比較的低分子化したものを『コラーゲンペプチド』と呼びます。このペプチドの状態にしたほうが、分解される前に吸収され、肌などにいい影響を与える可能性が高いと言われています。

効率よく摂るなら、コラーゲンペプチドに分解されたものを選んだほうがいいでしょう。

コラーゲンよりも“エラスチン”に注目しては?

みなさん美肌というとコラーゲンばかり上げますが、実はコラーゲン以上に美肌に影響するのが“エラスチン”です。肌の伸縮力などに深くかかわっていて、この機能が衰えると、肌のハリが失われ、シワなども目立ってきます。コラーゲン同時をつなぎとめる働きを持っているので、とても重要なのです。

このエラスチンもアミノ酸で出来ています。アラニン、グリシン、プロリンといったアミノ酸が関係しています。

 

食べ物として摂取する場合は、すじ肉、手羽先、軟骨、煮魚などが効果的と言われています。食品からだと摂取しにくいので、サプリメントなどを活用するのもいいでしょう。

 


この記事の監修
井上 肇(いのうえ はじめ)

【略歴】
聖マリアンナ医科大学・特任教授、日本抗加齢医学会評議員、日本再生医療学会評議員、薬剤師・薬学博士・医学博士、星薬科大学薬学部卒、同大学院薬学研究科修了

聖マリアンナ医科大学形成外科学教室助手、講師、准教授を経て、幹細胞再生医学(ANGFA(株)寄附)講座代表・特任教授、同時に同大学院形成外科特任教授を兼務。

LET'S TRY 即実践のコツ

肌に効かせるコラーゲンの摂り方とは?

  • 01.コラーゲンを低分子化させたコラーゲンペプチドが肌に届きやすい

  • 02.コラーゲンと同時に「エラスチン」にも注目して

  • 03.エラスチンは、鶏の手羽先などに多く含まれている