ご存知のように自分で煙草を吸わない人も周りに喫煙者がいれば、受動喫煙によって副流煙の被害に合っている可能性があります。目の痛みなど何かいつもと違った症状が出たら要注意です。受動喫煙が健康に及ぼす影響を知って副流煙を避けるようにしましょう。

受動喫煙によるがんの危険性

煙草には200種類以上の有害物質が含まれています。その中の約70種類は発がん性物質です。受動喫煙の被害はテレビや雑誌などで頻繁に紹介されているものの、実際に良くない症状が出ない限りは、なかなか自分の問題として感じられない人が多いようです。しかし国立がんセンターの調査によると、受動喫煙により肺がんや虚血性心疾患になり亡くなった人は、年間6800人にも上っているそうです。受動喫煙による健康被害は喫煙者よりも深刻で、煙草を吸っている人を1とすると、受動喫煙の場合には体内でニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素は4.7倍にも増加するからです。

副流煙の症状にはこんなものがある

受動喫煙とは、たばこから出る煙や喫煙者が吐き出した煙の中の有害物質を吸引すること。喫煙せずとも、近くに喫煙者がいるだけで周囲の人はニコチンを中心に有害物質を体に取り込んでしまっています。なかでもニコチンは神経を麻痺させ、末梢の血管を収縮して血圧を上昇させます。その結果心拍数が増えるので心臓に負担をかけます。他にもタールは40種類以上の発がん性物質を含有。また一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結びつきやすいため、体内で酸素が足りなくなり、運動や作業の能率を低下させるとともに、動脈硬化の原因となります。他にも副流煙の症状として、目やのどの痛み・かゆみ、涙、くしゃみ、痰、咳、手足の冷え、心拍数の増加などが挙げられます。

受動喫煙から重篤な病気に

煙草の煙の被害は、一時的なものではなく長引く恐れがあります。煙草の害が蓄積していくことで、心筋梗塞や狭心症、脳卒中、喘息などの症状が顕著に現れるようになります。妊産婦が煙草の煙の害に合うと、流産・早産・新生児の低体重化などの影響があります。妊娠している人は、喫煙の環境を絶対に避けて生活してください。

\

周りの人に喫煙者がいる場合は、すぐ傍で煙草を吸うのを避けてもらうようお願いして、受動喫煙の被害に合わないようにしましょう。


writer:松尾真佐代