家族愛も恋愛も、多様なジャンルが魅力!有楽町で「フランス映画祭2015」

写真拡大

おしゃれで、文学的で、エスプリの効いたイメージのあるフランス映画だけど、実はその多様性も人気の秘密とか。そんな選りすぐりのフランス映画を、日本の公開前にいち早く楽しめる映画祭がやってくる。

2015年6月26日(金)から29日(月)まで、有楽町の朝日ホールとTOHOシネマズ 日劇で開催される「フランス映画祭 2015」は、第23回目を迎えるという、フレンチシネマ・ファンお待ちかねのイベント。

今回はオープニング作品として、本国フランスで4週連続No.1、12週連続トップ10入りを果たし、動員700万人超えの驚異的大ヒットとなった『エール!』を上映する。笑いあり、涙ありの家族賛歌は必見。日本では2015年10月31日(土)より公開予定。

一度きりの人生を自分らしく生きたいと願う女性たちの姿を描いた、フランソワ・オゾン監督の新作『彼は秘密の女ともだち』もオススメ。こちらは8月以降に順次公開の予定とか。

また、有楽町朝日ホールでは、クラシック作品を除くそれぞれの上映回に監督や主演俳優などのゲストが登場して、トークショーが行われる予定なので、こちらもお楽しみ。


音楽の好きな人には、90年代にヨーロッパの音楽シーンをリードしたジャンル「フレンチ・タッチ」の世界を舞台に、DJの成功と挫折、愛と友情を描いた物語『EDEN エデン』を。6月27日(土)には今回の上映を記念して、南青山のクラブラウンジ「Le Baron deParis(ルバロンドパリ)」で、「フレンチ・タッチ パーティ」も開催されるそう。公開は9月から。

「最新作が中心ですが、1953年作のクラシック作品『たそがれの女心』なども上映されます。恋愛、家族愛、音楽といった多様なジャンルが揃っていますので、ご家族や友人など、いろいろな方と一緒にお楽しみいただけます」と、広報担当の佐々木さん。
一緒に観る相手やジャンルを変えながら、フランス映画の世界を楽しもう

上:「エール!」La Famille Belier (C)2014 - Jerico - Mars Films - France 2 Cinema - Quarante 12 Films - Vendome Production - Nexus Factory - Umedia

中:「彼は秘密の女ともだち」Une nouvelle amie (C)2014 MANDARIN CINEMA - MARS FILM - FRANCE 2 CINEMA - FOZ

下:.「EDEN エデン」Eden (C)2014 CG CINEMA - FRANCE 2 CINEMA - BLUE FILM PROD - YUNDAL FILMS