小倉智昭氏

写真拡大

21日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で司会の小倉智昭氏が、ドローンを飛ばすと予告し逮捕された少年の罪状に驚きの声をあげる一幕があった。

番組では、速報として「ドローン撮影の少年(15)逮捕」と題し、神奈川県横浜市の「ノエル」と名乗る15歳無職の少年が、インターネットで浅草三社祭にドローンを飛行させると予告したとして、威力業務妨害で逮捕されたことを報じた。

スタジオでは、菊川怜の「逮捕…?」という驚いた様子でささやく中、笠井信輔アナウンサーがVTRにあわせてニュースの詳細を「会場に“ドローン禁止”の看板をたてさせるなど、三社祭の業務を妨害した威力業務妨害の疑いが持たれています」と伝えた。

笠井アナによれば、警視庁は20日夜までに少年の逮捕状を取得しており、少年が深夜に自宅を出ようとした所で逮捕状を執行したという。

この速報に小倉氏は、少年の逮捕について「何の罪状なのかな?っていうのが気になってたんですが。威力業務妨害…。『三社祭でドローンを飛ばす』と予告してたんで、飛ばしてはいけないと看板などを立てた?そこに来た?っていう感じですけどねえ」と、驚きの表情やどこか納得しづらいといった表情を浮かべながら語った。



【関連記事】
武井壮が独自のドローン対処法をツイート「ガッと掴んでビターン」
宮根誠司氏がドローン落下について憤慨するコメンテーターの失言をすぐさま指摘
「とくダネ!」でゲーム機の破壊を泣いて拒否する少年の動画を和やかなムードで紹介