U-18代表初選出の大型SB柳貴博、特長発揮して指揮官の評価上向かせる

写真拡大

 高円宮杯プレミアリーグEASTにて昇格組ながら上位につけているFC東京U-18。その右DFを務める柳貴博が今回初めてU-18日本代表へ招集された。

 最大の特長は佐藤一樹監督から「身体能力に関してはトップチームに混じっても目立ってくるレベル」と評される“運動性能”の高さ。181cmのサイズがありながら、強じんな足腰と走力を備え、反転のスピードも十分。内山篤監督が彼を“見初めた”鹿島ユースとのプレミアリーグ開幕戦は3バックの右DFを務めていたのだが、4バックの右SBとしても高い資質を備えている。

 プレミアリーグでのプレーを継続観察されて今回の招集に至ったことで「見てもらえているんだと分かってうれしかった」(柳)と、本人のみならず周りの選手たちにも大いに刺激となる代表入りとなった。

 最初の練習では「ちょっと馴染めていなかった」と本人が言い、指揮官も「前に出ていくタイミングが早すぎたり、ちょっと(動き方を)分かっていなかった」と苦笑を浮かべる出来だったと言う。「戦術面で言われることが多いし、ポゼッションで起点になるところなど、チームとは(求められる役割が)また違う」と代表のやり方に戸惑いはあった。

 ただ、試合となれば、特長も出る。FC SOLと対戦した遠征第1戦では後半からの出場で、攻撃参加からアシストを記録するなど猛アピール。第2戦は先発に起用されると、押し込む展開の中でオーバーラップからの果敢な突破など攻撃面でのストロングポイントを発揮した。指揮官の評価も「段々と(チームの戦術の中で)やれるようになったし、やっぱりSBであれだけ高さがあるのは魅力だね」と上向かせた。

 ゲームをこなす中で周囲との関係性も深まったのだろう。リラックスゲームが中心になった最終日の練習では、生き生きとした姿を披露。好クロスも連発して存在感は確かにあった。「もっともっとやらないといけない。点に絡むクロスだって、もっと上げられたと思っています」。一定の手応えをつかんで、向上心を新たにした青赤の右SBは、まずは所属チームで自分を鍛え直して再アピール。代表定着を目指すことになる。

(取材・文 川端暁彦)