バイブスの合う仲間を選ぶ。思考を解放するために必要な10のコト

写真拡大

本田直之

本田 直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長

一年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなど旅しながら仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。明治大学商学部産業経営学科卒業。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校経営学修士(MBA)。(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。著書には、ベストセラーになったレバレッジシリーズ(東洋経済新報社)、『LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた』(ダイヤモンド社)、『ゆるい生き方〜ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜』(大和書房)、『本田直之のハワイを極める50の法則』(エイ出版)など、累計250万部を超える。


自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、どんな人でも思考はどんどん固くなっている。

思考を自由にするために異なるものを組み合わせる。
なにをやるべきかよりも、いくつのことをやるか。

01.
どうせやるなら、人とは違う方法で。

オリジナリティは、ほんの小さな思いつきから生まれる。 そしてそれを表現する場はいまや無数にある。

thinkflexibly

02.
一番になれないなら、専門家を目指すな。

本業じゃないからこそ、いつも新鮮で、違う視点から物事を見ることができる。

03.
身近な人よりも、外部の人の話を聞く。

これからどうしていけばいいか。その答えはテリトリーの外にある。

thinkflexibly

04.
別の仕事をすると「できるやつ」になる。

ある仕事で身につけたスキルは、別の仕事をしたとき、オリジナリティを生み出す協力な武器になる。

05.
バイブスの合う仲間を選べ。

大勢で群れるよりも、1対1で考えを共有する時間を持とう。

06.
「できる」と思っている仲間と、 できるだけ時間を過ごす。

仲間が前に進んでいるか。後ろに下がっているか。それは、自分の鏡でもある。

thinkflexibly

07.
想像ばかり膨らませていると、 だんだん動けなくなってくる。

イメージトレーニングだけでは、一流のスポーツ選手にはなれない。きみにとっての素振りはなんなのか?

bottun_honda_150501