「ベビメタ信者VSメタルエリート(嘘字幕)」スクリーンショット

写真拡大

大ヒットハリウッド映画『ダークナイト』の劇中映像に、メタルダンスユニット・BABYMETAL(通称・ベビメタ)が好きすぎるイタいファンと、本格派なメタルを愛するイタいヘイター(ある分野において、何に対しても文句を言う人)との、よくある(?)言い争いを嘘の字幕でのせた動画が話題を呼んでいる。

【【動画】『ダークナイト』でBABYMETALヲタとメタルエリートがガチ口論の画像・動画をすべて見る】

動画では、悪役・ジョーカーがベビメタ信者に、バットマンがアンチに扮しており、バットマンが一方的にジョーカーを追い詰めるシーンに、うまい具合にヲタ同士の口論が組み込まれている。

【BABYMETAL】ベビメタ信者VSメタルエリート(嘘字幕)




「艶のあるモンスター」「イジメ・ダメ・ゼッタイ!www」


ベビメタにはいろんなアンチが沸くからな



動画は「おはこんばんちわ 父兄さん」という挨拶にはじまり「重音部の動画が荒らされた」「だろうな」という取り調べの刑事とベビメタ信者・ジョーカーの会話からスタートする。

ちなみに重音部とは、もともとBABYMETALがアイドルユニット・さくら学院の派生ユニットだった頃に名乗っていた部活名である。

ベビメタ信者は、重音部時代の動画が荒らされた疑いを軽くかけられるが「俺が? 垢バンくらってるんだが?」「ベビメタにはいろんなアンチが沸くからな」「もしかしたら◯◯ヲタかも」と否認。

その後、アイドル愛を語り出そうとするが……。

ヘドバンは机に頭をぶつけることじゃないぞ



突然、背後からあらわれたメタル愛好家のバットマンに襲撃を食らう! 「ヘドバンは机に頭をぶつけることじゃないぞ」と反論するも……

「BABYMETALはメタルじゃねぇ」「BABYMETALのせいでメタルは死んだ」など、典型的なアンチのメタルエリートらしい言いがかりをつけるバットマン。

「メタルは変わったんだ」「でたステマ厨www」と笑い飛ばすジョーカー……。

“かわいいは正義”だ



「メタルは儲からない」「メタラーはうるさいしダサいし臭い」と本格的なメタルをディスりまくる信者は「メタルを変えるのは“かわいいは正義”だ」と言い放つ。

その後も「賛否両論が起これば話題になる」「ほかのバンドも巻き込めばシーンも盛り上がる」など、意外と核心をついた持論を展開。

艶のあるモンスター」など、空耳でそう聞こえてしまうセリフまで!

メイデン聞け



それに激怒したメタラー・バットマンは「メイデン聞け」と信者をしめあげ「口◯コン野郎」「ドルヲタ!」と罵倒。

ウォールオブデスかっw



一方的に信者をボコっていくメタラー。ボコボコにされながらも、めげずにBABYMETALを褒め称えつづける信者。人によっては涙せずにはいられないシーンかもしれない。

イジメ・ダメ・ゼッタイ!www



本来であればかなり緊迫したシーンのはずなのだが、「サクラだろ!」「さくら学院かな?」「イジメ・ダメ・ゼッタイ!www」など、さくら学院やBABYMETALにちなんだあるあるネタが盛り込まれており、しかも微妙に英語のセリフと合っていたりするのが面白い。

動画をみたユーザーからも「センス良すぎ」「周りのメタルエリートも同じようなこと言ってる」「最高に面白いDEATH!」など絶賛の声があがっている。

信者とアンチがネット上で言い争う場面はたびたびみかけるが、動画のようなリアルファイトはたいへん危険なのでやめていただきたい。