足のニオイが気になって、打ち合わせや接待の席で落ち着いて対応できなかったなんてことはありませんか?足が臭いのは仕事で頑張っている証拠!とはいっても、大切な相手に不快な思いをさせてしまってはいけません。ていねいに足のケアをしてあげれば、少しずつニオイもなくなっていきます。

どうして??足が臭う時と臭わない時がある!

休みの日に一日中、歩きまわっても足は臭わないのに、仕事で一日中、靴を履いていると何だか臭う……そんなことはありませんか? もともと汗は無臭ですが、靴下や靴で湿気が多くなった足に汗をかくと、雑菌が混じることによって、イヤな臭いが発生します。仕事などでストレスを感じていると活性酸素が発生しますが、活性酸素と雑菌が一緒になると、強いニオイとなるのです。何だか足が臭うという時は、体がストレスを感じている時です。ストレスからくる足の臭いは、洗ってもストレスが起こるたびに強いニオイが起こってしまいます。

ストレスによる毒素は足の裏に溜まりやすい!!

足の裏は、体のあらゆる部分に対応するツボが集まっている所です。ストレスによって発生した活性酸素は酸化しやすく、その毒素が足の裏に溜まってしまうことが、強いニオイが慢性化してしまう原因なのです。足のニオイを軽くするには、毒素を溜めないようにすることと、溜まった毒素を取り去ってあげることが必要です。

足裏の毒素を取り去るために! 効果がある足裏マッサージ

足に雑菌を溜めないようにするには、とにかく清潔にすることです。足の指には特に雑菌が溜まりやすいので、入浴時には、手の指を使って、足の指の間まで1本1本ていねいに洗ってください。その上で、足裏に溜まった毒素を排出しやすくするマッサージを行うと効果的です。

【土踏まず】消化器や排出に関連するツボ

土踏まずには、消化器系、排出器系のツボが集まっています。手の指で力強く押して、老廃物を柔らかく排出しやすくするイメージでマッサージをしましょう。

【足首やくるぶし】リンパに関連するツボ

リンパの流れが滞ると老廃物が溜まりやすくなります。足首をぐるぐると回すようにしながらマッサージをしましょう。リンパの流れが良くなれば、毒素も排出しやすくなります。

足裏マッサージを行えば、体の毒素が抜けやすくなり、強い足のニオイも少しずつ軽くなっていきます。もちろん、少しでもストレスをなくすことは重要です。日頃から、できるだけリラックスできる習慣を身に付けるのも、足の臭い対策には効果的です。


writer:岩田かほり