21日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で司会の宮根誠司氏が、逮捕された少年にマジギレする一幕があった。

番組では、三社祭にドローンを飛ばすと予告した「ノエル」と名乗る15歳少年の逮捕を報じた。この少年は、ドローンを使ったインターネット配信を繰り返し、警察から再三の注意を受けていたという。

VTRでは、東京・浅草寺がドローンの持ち込みを禁止するとともに、警備を強化した様子が映された。そして横浜市の無職の少年は、威力業務妨害の疑いで逮捕されたという。

また、この少年は、今年2月、神奈川県の河川敷で中学1年生の上村遼太さんが殺害された事件でも騒動を起こしている。上村さんの殺害容疑で逮捕された少年の自宅前で動画を生中継したのだ。さらに翌月、上村さんの通夜会場に無許可で立ち入って配信もしたという。

スタジオでは、林マオアナウンサーが、過去に少年が起こした騒動をまとめて説明している場面で、宮根氏が突如割り込み「こんなことやってること自体がもうね!人として良いのか悪いのかって判断がついていないこと自体が!」と、声を荒らげた。

続けて宮根氏は「『自分が撮れない映像を撮って、それを沢山の人が見て、さらに現金化できるんだぞ』って、だったら何をしても良いっていう。15歳にもなって、こういうことをしてしまうのが問題ですよね!?大問題ですよ、これ!」と怒りを露にした。

怒りの口調がおさまらない宮根氏は「そんなことやって何になんねん。ご家族のかたとか自分自身を振り返ったときに、どんな思いやねん!そういう感性が無い…(モラルの欠如)となると、怖いなと思いますよね」と訴えた。



【関連記事】
武井壮が独自のドローン対処法をツイート「ガッと掴んでビターン」
宮根誠司氏がドローン落下について憤慨するコメンテーターの失言をすぐさま指摘
田村淳がドローンの悪用についての見解をツイート「規制が厳しくなるなぁ」