『2015ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会』が5月22日から24日まで千葉ポートアリーナで開催される。

 ウィルチェアーラグビーは車椅子同士の激しいタックル、競技用車椅子を巧みに操作して味方の進路をつくる戦略の奥深さが魅力で、2020年の東京パラリンピックでも実施されるパラリンピック正式競技。

 日本代表は、2012年ロンドンパラリンピックで4位、2014年世界選手権(デンマーク)、そして世界ランキングも4位と、メダルまであと一歩という位置にいる。だが、大舞台で幾度も涙を飲んできただけに、「(オーストラリア、カナダ、アメリカの)トップ3との距離は近いようですごく遠い」「4位以下の力は拮抗している」と、世界における日本の現在地を冷静に捉え、毎月の強化合宿などで強化を図りながら虎視眈々と3強の座を狙っている。

 その一角を崩すには、厳しいトレーニングを重ねるだけではなく、実戦経験としての国際大会が必要だ。昨年度からはじまったジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会は、世界の強豪国を招いて行なうため、短期間で濃密な国際試合を積むことができる成長の場である。

 今年度はロンドンパラリンピックで日本に次ぐ5位だったイギリス、同じアジア・オセアニア地区で今秋リオ大会の切符を争うニュージーランド、2014年世界選手権6位のデンマークが来日。大会は総当たりの予選リーグを行ない、その後決勝トーナメントを戦う。
【日本試合日程】
5月22日(金)ニュージーランド戦(11時〜)/デンマーク戦(16時〜)
5月23日(土)イギリス戦(10時〜)準決勝(15時〜/17時〜)
5月24日(日)3位決定戦(13時〜)/決勝(15時〜)

 昨年度のジャパンパラではカナダが優勝しており、日本は当たりの強い海外勢との対戦でレベルアップを図りながら、初優勝を目指して臨む。

 また、日本は今シーズンから、ロンドン大会以降アシスタントコーチを務めていた荻野晃一がヘッドコーチに就任。ジャパンパラはその荻野が指揮を執る初めての大会でもある。荻野はこの競技の元日本代表で、戦術理解に長(た)けているプレーヤー出身の指導者を輩出することは選手や関係者のたっての願いだった。本人も「パラリンピックに3大会出させてもらった経験をチームに還元したい」と意気込んでおり、ジャパンパラでは「進化を続ける全員ラグビーを見てほしい」と語っている。

 日本代表は12人。チームはライン(コート上4人の選手の組み合わせ)の底上げをテーマに掲げており、若手の乗松聖矢(25歳・Okinawa Hurricanes)、2年ぶりの代表復帰となる佐藤佳人(34歳・BLAST)らがメンバーに選ばれた。「ファーストラインに匹敵するセカンドラインとサードラインを強化すれば、リオのメダルが見えてくる」と荻野。メダル獲得のカギを握るだろう、攻撃のバリエーションにも注目したい。

 選手個人にとってはリオに向けた代表選考のアピールの場でもある。ロンドンでは最終メンバー入りを逃した羽賀理之(30歳・AXE)は言う。「体格差がある相手でも互角に戦えるところを見てほしい。世界選手権などはサブメンバーだった。代表に定着できるようアピールする」。

 また、同大会は、2020年に向け、ウィルチェアーラグビーという競技を多くの人に知ってもらうための絶好の機会でもある。

「この競技の知名度はまだまだ低い。まずは知ってもらうところからだけど、今大会はメダルを狙える世界クラスのプレーを見てもらうチャンスになる。2020年には満員の会場でプレーしたいし、日本チームを後押ししてくれるファンを増やしたい」

 そう語るのは、日本代表のエース、池崎大輔(37歳・北海道BigDippers)だ。今から3年前、"史上最高の大会"と評価されるロンドンパラリンピックに出場した池崎は、アグレッシブなタックルで会場の視線を一身に集め、万雷の拍手を浴びた。ウィルチェアーラグビー会場のバスケットボールアリーナには連日1万人以上が詰めかけ、選手たちはその大歓声の中で戦ったのである。

 池崎は当時をこう振り返る。

「こんなに多くのお客さんの前でプレーできることはなかなかない。最初は緊張したけれど、すぐにポジティブに転換できました。アウェーだった地元イギリス戦も、途中でホームに感じてしまうような......まるで潜在的な力を引き出してくれるような大声援でした」

 予選リーグ突破がかかる大一番で、日本がイギリスに逆転勝利。試合後、日本チームが会場を埋めた観客からスタンディングオベーションで称えられたシーンは心が震えた。2020年東京パラリンピックも、各国の選手たちが素晴らしい環境の中でプレーできたらと願う。

 その自国開催のパラリンピックを5年後に控え、今までなじみのなかった障がい者スポーツを実際に会場で観てもらおうと、様々な試みが実施されている。

 ジャパンパラを主催するJPC(公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会)は、今大会の新たな取り組みとして「障がい者アスリート交流キャラバン」を開催。選手らが会場周辺の小学校で体験会を行ない、大会を周知した。

 地元千葉の選手である羽賀もキャラバンに参加し、「デモンストレーションでタックルを見せたときの、子どもたちの反応がすごく良くて、コートの中の声が聞こえないくらい盛り上がった。きっと大会にも足を運んでくれると思う」と手応えを口にする。

 大会初日には、500人の子どもたちが来場する予定といい、観客は迫力ある世界のプレーを堪能することだろう。毎回このような地道な活動が継続され、競技やアスリートの魅力が広く伝わり、これまでほぼ関係者しかいなかった会場が、にぎやかになれば、選手のモチベーションにもつながるはずだ。

 JPCでは競技紹介の冊子を配布したり、試合の実況を用意したりするなどの観客サービスも初めて行なう。また競技用車椅子に実際に乗ることができる体験会も実施される予定だ。ぜひこの機会にウィルチェアーラグビーの魅力に触れてみてほしい。

 そして、実は千葉ポートアリーナでは、ウィルチェアーラグビーの2016年リオパラリンピック出場権をかけたアジア・オセアニア選手権が、10月29日〜11月1日の日程で行なわれる。車椅子バスケットボール男女、ブラインドサッカーのリオ予選も日本で開催される予定だ。日本がホームの利を最大限に生かしてリオ切符を掴むためにも、声援が必要なのは間違いない。

瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka