身体にいいってことは知っているけど、どのタイミングで飲めばいいの? 興味はあるけど、なかなかチャレンジできない健康ドリンクといえば「青汁」ですよね。野菜不足もカバーしてくれる青汁ですが、実は効果的な飲み方があるんです。

青汁の主成分「明日葉」がもたらす2つの効果

青汁にはいろいろな原料から作られていますが、主成分としてよく使用されるのが明日葉です。明日葉には一体どんな健康作用があるのでしょうか。

1.代謝がよくなる

明日葉は中性脂肪を減少する働きがあると同時に脂質代謝をよくする効果もあることが大学の研究機関によって報告されています。青汁を飲むだけで毒素が体外に排出されるわけですから、必然的に代謝もよくなってきますよね!

2.腸内環境を整えられる

明日葉は、体に溜まっている毒素を体外へ排出し、体内をキレイに掃除してくれる働きをもっています。食物繊維も豊富なので、便秘で悩んでいる人にもおススメのドリンク。青汁を飲むだけでも、腸内環境を整えることができるのです。

青汁の正しい飲み方

青汁は医薬品ではないため、基本的には自分の好きなタイミングで飲んでも構いません。ただし、説明書に書かれている1日の規定量を超えないように気をつけてくださいね。なぜなら青汁は食物繊維が含まれているため、必要以上に飲んでしまうと、お腹がゆるく場合も……。体調に異変を感じたときは、飲むのをやめるか、もしくは規定量よりも少なめに飲んだりと、体のコンディションに合わせて調節していきましょう。栄養補給を目的として青汁を飲むなら、朝起きてスグに飲むべき! 目覚めたばかりの体は栄養を吸収しやすいので、このタイミングで飲めば、青汁が体中に行き渡ります。便秘解消が目的の場合、就寝前に飲んでおきましょう。ただし、青汁には食物繊維が含まれているため、寝る前に飲んでしまうと、腸が動いてしまい、寝つきが悪くなることもあります。もし、睡眠に影響がでるなら、自分の体調に合わせて、青汁を飲むタイミングを決めていきましょう。

青汁の効果を実感するためには“飲むタイミング”が重要なのです。目的に応じて、あるいは自分の体調に合わせて最良なタイミングをみつけだしてみてくださいね。昔ながらのデトックスドリンク「青汁」、あなたも思い切ってチャレンジしてみては?


writer:山口 恵理香