狭額縁デザインのIGZO液晶ディスプレイ装備

写真拡大

NTTドコモは、シャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA(アクオス・ゼータ) SH-03G」を2015年5月下旬に発売する。実質負担価格は5万円台後半の見込み。

「AQUOS ZETA SH-03G」

ディスプレイに、より深く鮮やかに色を表現する新開発のカラーフィルターとバックライト「S-PureLED」を搭載した、約5.5型IGZO液晶(1920×1080ドット)を装備。3辺が狭額縁の「EDGEST」スタイルと、片手操作をサポートする「ワンハンドアシスト」で、大きさを感じさせない使いやすさを実現した。

プロセッサーはオクタコア(8コア)「MSM8994」。メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。microSDXCメモリーカード(最大128GB)対応。OSは「Android 5.0」をプリインストール。

シャープ製スマホ初の「指紋センサー」を搭載。端末のロック解除や、docomo ID、ネットワーク暗証番号などの各IDとパスワードを入力せずにログインできる。感情豊かに話しかけてくる人工知能「エモパー」も進化し、使う人に合わせた話題を選んで話しかける機能などを搭載した。バッテリー容量は3000mAh。カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色。