NYで話題!130秒でみんな笑顔に。DJが電車に乗り込み、地下鉄がダンスフロアに

写真拡大

電車の中で突然始まるパフォーマンス。音楽やダンスだけでなく、なかにはパントマイムが行われたり…そんな場面に、NYの地下鉄を使ったことがある人なら出会ったことがあるはず。

ここで紹介するのは、NYの地下鉄で行われた少し大掛かりなパフォーマンス。車内におもむろに機材をセットし、マイクパフォーマンスを始めるDJ。

newyork-subway1

newyork-subway2

乗客もだんだんノッてきて…地下鉄はまるでダンスフロアみたいに様変わり!

newyork-subway4
偶然、乗り合わせた人とは思えないほど、みんなノリがいい。

newyork-subway3

このパフォーマンスは、9.11の同時多発テロをきっかけに「街をもっと明るくしよう」という考えのもと生まれたとか。動画の冒頭ではこう語られています。

th_スクリーンショット 2015-05-18 19.29.33

「NYの地下鉄に乗ることは言ってしまえば冷凍庫に入るみたい。とにかく人が冷たい。電車に乗っている人はお互いに目を合わそうとしないし、気にしようともしません。そんな冷たい雰囲気を変えるために、DJダンスパーティーをやります!」

ちなみに、この映像は、AMK Productionsなるグループが制作したもの。彼らは、他にもユニークな企画をNYで展開しているのでぜひチェックしてみて! 

Licensed material used with permission by AMK Productions