ストーリーに登場する潜水艦 (C)Disney/Pixer

写真拡大

東京ディズニーシー(TDS)のポートディスカバリーに2017年春、ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」と 「ファインディング・ドリー(原題)」(16年公開予定)の世界を舞台とした新規アトラクションが導入されることが決まった。TDSを運営するオリエンタルランドが発表した。

魚サイズに縮小する潜水艦に乗り込む設定

熱帯魚クマノミの「ニモ」らの冒険を描いて人気の映画「ファインディング・ニモ」シリーズの映像と、ライドシステムの動きを融合させ、映画の海底の世界を体験できる室内型アトラクション。

ゲストが魚サイズに縮小する潜水艦に乗り込む設定で、ニモやドリーら魚たちと同じ目線で、広い海の世界を冒険する。途中で出会う海の仲間たちは体験のたびに異なり新しい発見をすることができるという。

アトラクションの映像制作には、16年7月公開予定の「ファインディング・ドリー(原題)」の制作スタッフが参加。スクリーンで展開される美しい海の世界が再現される。なお、新アトラクション導入に伴い、現在ある「ストームライダー」が16年5月中旬にクローズされる。