AKIRAが「マッドマックス」アフレコ、「こんなに体力を使うとは…」。

写真拡大

EXILEのパフォーマーで俳優のAKIRAが5月20日、日本語吹替キャストに起用されている映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のアフレコ収録に臨んだ。

AKIRAが吹替を担当するのは、トム・ハーディが演じる主人公のマックス。愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元警官だ。マックスの特徴の一つがとにかく寡黙なこと。それだけにひとつひとつのセリフに重みとリアリティが要求される。

この日、AKIRAは全身を黒で決めた、マッドマックス仕様な服装で登場。3つの場面の吹き替えに挑戦し、低く抑えた声で主人公マックスを見事に演じきった。

マックスを演じるトム・ハーディに関しては「演技が本当に素晴らしく、ちょっと惚れてしまうレベルで最高です」とコメント。マックスを担当するにあたり、苦労した点や意識したところを尋ねられると「映画の世界観に引き込まれすぎて、一瞬気を失いかけました(笑)。なので、観た後にどうしようかなと考えました」と答え、「いつもの表現の仕方とは違い、非常に勉強になりました」「こんなに体力を使うとは思いませんでした。日頃、鍛えてはいますが、本当に酸欠になるくらい大変でした」と苦笑いを浮かべた。

シャーリーズ・セロンの演じるフィリオサのような強い女性が活躍する映画でもある本作。その魅力をどのように女性たちに伝えるかを尋ねられると「冒頭からヤバくて、絶対自分より強いと思います(笑)。凄まじいアクションの中で、優しさや、信念が垣間見え、中盤から思わず恋してしまう自分もいました」とコメント。

「アクション映画だと、男の強さ、かっこよさ、渋さを打ち出しているものが多いですが、この作品は同時に女性のタフさや強さを女性目線から描いてるシーンがいくつもあります。こういう作品だと痛いとか、迫力ありすぎるとか、怖いとかそういうイメージがあるかもしれませんが、そういうことを超越したものがこの作品には含まれているので是非、女性にもご覧いただきたいです」と話す。そして「カップルで見ても、帰りに喧嘩だけはして欲しくないですね(笑)」と笑いを誘う一幕も。

最後に日本公開を心待ちにするファンたちに向けて「本当に素晴らしい超大作が生まれたなと思います。豪快なタイトル通り、アドレナリンMAX。大スクリーンで是非見ていただきたいです。DVDが出るのを待つのはだめですよ!」と言葉を残し、イベントは終了した。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、6月20日(土)より新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほかに、て2D/3D&IMAX3D公開。