Doctors Me(ドクターズミー)- 心理的な要因も?"性交痛"でカレとの夜を楽しめない【原因と改善方法】について

写真拡大

セックスの時に、痛みを感じることはないですか? 性交を始めようとするときや、性交中に感じる痛みのことを「性交痛」といいます。
なかなか婦人科などでも相談しにくい内容ですよね。

今回は、あまり知られていない性交痛の原因と対策について、医師に聞いてみました。

原因1:器質的なもの

【1】外陰部・膣に原因がある「入口部性交痛」

入り口付近が痛いという場合、次のような原因が考えられます。
・カンジダ膣炎などを患って、粘膜が弱っている時にヒリヒリと痛むケース
・生理前のエストロゲンが少ない時期には膣や外陰部への血流が少なく、潤滑液が出にくかったり、膣の組織が薄くなって摩擦に耐えられなくなり痛むケース
・更年期になると女性ホルモンが減少し、萎縮性膣炎という状態になり、性交痛を感じやすくなるケース

【2】骨盤内に原因がある「深部性交痛」

・子宮内膜症
骨盤の奥の方が癒着で硬くなり、そこに男性器が当たるので、奥のほうが痛く感じます。また、月経痛が重くなることもあります。
・子宮筋腫
性交痛だけでなく、月経痛が重くなるなどの症状を伴うこともあります。
・骨盤内感染
重症になると発熱したり、全身に細菌が行きわたると命を落とすこともある病気です。
・子宮後屈
子宮が後ろに傾いている人の場合、男性器が子宮を直撃して痛いということもあります。

原因2:心理的なもの

・レイプなどの性交渉に対する恐怖感
・セックスパートナーへのマイナス感情
・妊娠に対する恐怖
など、感情の揺れで痛みを感じることもあります。

医師からのアドバイス

原因が何であるかを見極めることが、治療の第一歩。性交痛の原因は多岐にわたるので、まず婦人科で相談・診察を受けて、背後に病気が隠れていないかどうかを診断するようにしましょう。