5月19日、映画『誘惑の掟』公開記念イベントが都内で行われ、俳優の竹中直人(59)とタレントのおのののか(23)が登場。おのは36歳上の竹中相手に“枯れ専女子”であることをアピールした。

 本作は、リーアム・ニーソン演じる元刑事で探偵のマット・スカダーが連続誘拐殺人事件に挑むミステリーサスペンスストーリー。竹中はファンだというリーアム・ニーソンについて「存在感で一気に持っていく」と絶賛するも、「でも、62歳なのに老眼鏡をかけてないのが納得いかない!俺なんて老眼鏡がないと生きていけないのに!髪もあるし……」と恨み節。

 そんな竹中の様子におのは「今は“枯れ専女子”がブームだし、私も大人の男性が好き。老眼で眼を細めている男性を見るとキュンとします」と語ると、「竹中さんは生で見るとダンディーで大人の色気がすごくて、本当にかっこいい」とアピール。これには竹中も照れ笑いを見せていた。

(撮影/柴田悟)