新型「ロードスター」を発表

写真拡大

マツダは2015年5月20日、4代目となる新型「ロードスター」を、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系販売店で5月21日に発売すると発表した。10年ぶりの全面改良。

1.5Lエンジンをフロントミッドシップ搭載 重量配分50対50に

新型「ロードスター」は、マツダによると、人がクルマを楽しむ感覚の深化に徹底的に取組み「人馬一体」ならぬ「人車一体」の楽しさを追究した、後輪駆動(FR)の2シー ターライトウェイトオープンスポーツカー。

新開発の直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50対50とした。

ボディには、アルミや高張力鋼板、超高張力鋼板の使用比率を71%に高め(前モデルは58%)、さらに剛性を確保しながら軽量な構造を追求するなどして、先代モデル比100キロ以上となる大幅な軽量化(車両重量990〜1060キロ)を実現した。

ドライバーシートは、優れた視界、操作性の優れた機器配置、ドライバーに正対するペダルレイアウトなど、スポーツカーとして理想的なドライビングポジションを確保した。

幌は、軽い操作で簡単に開閉でき、耐候性にも優れた構造を採用。使い勝手の良さを考えた室内小物入れや脱着式ドリンクホルダー、航空機内に持ち込み可能なサイズのキャリーバッグを2つ積めるトランクなど、2シーターのスポーツカーでありながら、利便性にもこだわった。

メーカー希望小売価格(税込)は249万4800円〜314万2800円。販売計画台数は月500台。