5月特集 いま見るなら、女子ゴルフ(3)
■森田理香子インタビュー(前編)

岡本さんの言葉によって
ゴルフをやめずに済んだ

 2013年シーズンの賞金女王、森田理香子(25歳)が苦悩している。昨季は賞金ランキング16位にとどまり、今季も同15位(5月19日現在)に甘んじている。

「勝ちたい気持ちは賞金女王になった頃より、今のほうが強いんですけどね」

 彼女はそう胸の内を吐露した。人生はままならない。しかし、立ち止まってはいられない。彼女は新たな目標を見つけ、女王に返り咲く決意を秘めて突き進む――。

―― 昨季、そして今季と、思うように成績が上がらない原因の分析はできていますか?

森田:昨季については、燃え尽きていた部分があったのかもしれないですね。賞金女王を獲ったあと、目標がなくなってしまって......。「次は何をしたらいいんだろう」という思いがあったんです。「ゴルフをやめたい」って、思ってしまった時期もありました。

―― それは、結果が出せない日々が続いたからですか?

森田:「やめたいな」と思ったのは、昨シーズンの序盤です。賞金女王を獲ったあとのオフ、練習で何をやってもうまくいったんです。ボールも全然曲がらない。「なんか、つまんない」って思いが心の片隅にずっとあったんです。そうして、そんなフワッとした気持ちのまま、シーズンが始まってしまった。にもかかわらず、3月のTポイントレディス(2014年3月21日〜23日/佐賀県)で優勝できた。正直、「勝ちたい」という気持ちもさほどなかったのに、勝ててしまったんです。それで......。

―― 手応えや、やり甲斐を感じられなくなっていたのでしょうか?

森田:そうですね。今のほうが勝ちたいけど、今のほうが勝てない。「勝ちたい」って思い過ぎるのも、ダメなんでしょうね。気持ちが強過ぎると勝てない。でも、弱くても勝てない。難しいですよね。

―― やる気が戻ったのは、どうしてですか?

森田:去年1年間戦って、自分の技術がまだまだ、ということに気づいて、課題がいっぱい見つかったんです。自分が求める理想のゴルフが見えたので、気持ちは徐々に盛り上がっていきましたね。

―― なるほど。

森田:全米女子オープン(2014年6月19日〜22日/ノースカロライナ州・パインハーストNo.2)と、全英リコー女子オープン(2014年7月10日〜13日/イングランド・ロイヤルバークデールGC)に参加させていただいたことも大きいです。日本は比較的、真っ直ぐ打てば成績が出るコースが多いんですが、海外ではいろいろなボールを打っていかないと通用しないコースばっかりでした。向こうの選手レベルが高いのは、求められる技術が高いからなんだなって痛感して、刺激になりましたね。それで、やっぱり私は世界でも通用する選手になりたいし、海外のコースで求められる球も打てる、と自分では思っているので、そこで結果を出したい。そういった海外の試合を経験して、余計にその思いは強くなりました。

 そして、もちろん私はプロなので、(日本ツアーでも)成績が出ない試合が続くと、「結果を出したい」「優勝回数も増やしたい」って自然と思うようにもなっていったんです。試合をこなしていくにつれ、(ゴルフに対する)気持ちは戻ってきた感じはありますね。

―― やはり、負けず嫌いなのでしょうね。

森田:う〜ん、負けず嫌いなのかなあ......? なんか(自分は自分のことを)人と比べることがあまりないんですよね。「あの人に負けたくない!」っていうのが、まったくなくて。逆に「あの人の、ああいうところはうまいな」と、いい部分を取り入れようと勉強したりするんです。ただ、自分のやりたいことができなかったら、腹立たしくは思います。そういう面では負けず嫌いなのかもしれないですね。

―― 敵は他の誰かでなく、あくまでも自分ということでしょうか。

森田:そうですね。

―― 自然とやる気が戻ってきたとおっしゃいましたが、ゴルフをやめずに踏み止まれた理由は何かしらあったのではないですか。

森田:私、ゴルフしかないんです(笑)。頭も悪いし。師匠の岡本(綾子)さんに、「もしゴルフができなくなったら何するの?」って聞かれたんです。今後、ケガをするかもしれないし、不慮の事故にあう可能性だってゼロじゃない。このまま、ずっとゴルフを続けられるとは限らない。そのとき、ゴルフ以外でできることはあるのかって。私が答えられずにいると、岡本さんがおっしゃったんです。「ないでしょ? じゃあ、一生懸命やりなさい」って。その言葉は大きかったと思います。

―― ゴルフ以外に、やりたいことはないですか?

森田:ないですね。小さい頃から、ずっとゴルフばっかりやっていたってこともありますけど、ゴルフ以外にできることも、したいこともないですね。だから今は、私にはゴルフしかないと思ってやっています。

一生懸命に取り組めるモノ
それが、私にとってのゴルフ

 森田は今オフ、「いつもと違ったオフを過ごしたかった」とアメリカで合宿を行なっている。そして、決意を新たにするかのように、短めだった髪をさらに短くカットし、新シーズンを迎えた。

―― 今季の目標はどこに置いていますか?

森田:もう一度、賞金女王になりたいという思いはあります。ただ、それ以上に技術は日々進化させたいな、と思っています。やっぱり人から見て、「あの人、スイングがキレイだね。いいね」と言ってもらえる選手になりたいんで。実際、技術的には賞金女王になった年よりも、昨年、さらに今年のほうが上達しているんです。

―― 今、より進化させたい技術面というのは、どの辺りですか?

森田:フェイスの使い方です。クセがあるんですよね。トップからクラブを降ろすときに、こう(右肩が)下がっちゃうんです。それが強くなると、ボールが曲がるんで。あとは、リズムやテンポなど、すごく細かい部分です。でも、その細かな、小さなことでも、そのミスがボールの飛んでいった先では、大きな差になって表れることがあるんです。まあ、気にし過ぎている面はあるんですけど、それでもやっぱり完璧を求めたいし、よりいいスイングをしたいと思っているので。

「じゃあ、スイングがキレイになったら、成績も出せるの?」と聞かれたら、それはまた違う問題になってくるんですけど。でも、スイングがキレイになれば、いつか成績もともなってくるだろうって信じています。それに、自分が試していることができたときの喜びというのが、自分にしかわからないんですけど、すごくいいんですよね。そういうものを求めて、緊張感も含めて、今はゴルフを楽しめています。

―― 抽象的な質問で申し訳ないのですが、森田選手にとって"ゴルフ"とは何でしょうか?

森田:ゴルフとは......、ゴルフとは......。なんですかねえ(笑)。たぶん、みなさんにも仕事や趣味、一生懸命になれるモノってあると思うんです。私にとって一生懸命取り組めるモノ、それがゴルフですね。「他に、一生懸命になれるモノってある?」って言われたら、ないです。ゴルフは一生懸命になれるし、毎日、一生懸命考えています。それが、私にとってのゴルフです。

―― では、森田選手の今後の目標、夢を教えてください。

森田:賞金女王にもう一度なることも目標ですけど、長いスパンの目標で言えば、永久シードプレイヤー(※)になりたいですし、2020年の東京オリンピックに出場することも夢のひとつです。そして何よりも、長年続けられる、息の長いゴルファーになりたいと思っています。そういった夢や目標を叶えるために、今の私ができることは、諦めないこと、努力を続けることだと思うんです。いくら今は成績が悪くても、今やっていることを信じて続けること、それが、私にできる唯一のことなんで......あれ? もしかして答えが真面目過ぎますか? もう少し笑いの方向でもいけますよ。私、関西出身なんで(笑)。
※ツアー通算30勝以上した選手。森田は現在ツアー通算7勝。

【プロフィール】
森田理香子(もりた・りかこ)
1990年1月8日生まれ。京都府出身。2008年にプロテスト合格。2009年、ツアー本格参戦1年目で賞金ランキング27位となってシード権を獲得。 以来、ツアーの中心選手として活躍し、2013年には賞金女王に輝く。ツアー通算7勝。身長164cm。血液型AB

水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro