写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のTV放送が今年で20周年を迎えたことを記念して、7月26日に千葉県・幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル2015[夏]」で、記念アイテムの販売や関連トークショーが行われることが決定した。

「ワンダーフェスティバル」は、模型・フィギュアメーカーの海洋堂が主催する、世界最大のガレージキットイベント。各玩具メーカー、フィギュアメーカーのブース出展や新商品の展示とともに、プロ・アマチュアを問わず製作したキットを持ち寄って展示・販売することを目的とした造形イベントで、年に2回開催されている。

今夏のワンフェスでは「エヴァンゲリオン20周年 in WF2015」と銘打って、同シリーズのブースを出展。新作を含む「リボルテック」やREAL ACTION HEROESによる「フィギュア&ジオラマ展示コーナー」、設定資料集コンプリート版の先行発売や復刻・限定フィギュアの販売を行う「限定商品販売&UFOキャッチャー」、「記念ノベルティ配布」、撮影ブースが設置された「コスプレコーナー」といった企画、展示が予定されている。

この『エヴァンゲリオン』20周年を記念して、「ワンダーフェスティバル 2015[夏]」のガイドブックの表紙は、『よつばと!』などで知られる漫画家・あずまきよひこ氏による、ワンフェスのマスコットキャラクター・ワンダちゃんとリセットちゃんがレイとアスカの仕様で描かれる。このイラストを用いた会場限定の記念アイテムも発売されるという。

(C)カラー(C)KAIYODO,Mizutama Keinojo,KIYOHIKO AZUMA / YOTUBA SUTAZIO 2015(C)Wonder Festival Project Office All Rights Reserved.