課題解決を超えた「スペキュラティヴなデザイン」を学ぶ:6/7ワークショップ開催 #WXD

写真拡大

英国で活躍するデザイナー、牛込陽介によるワークショップを開催。「問い」を設計するデザイン手法「スペキュラティヴ・デザイン」のエクササイズを通して、これからのデザイナーに求められる新しい発想方法を身に付けよう。

「課題解決を超えた「スペキュラティヴなデザイン」を学ぶ:6/7ワークショップ開催 #WXD」の写真・リンク付きの記事はこちら
WXD ワークショップ
スペキュラティヴなデザイン:Arbitrary Future F / 任意の未来F

日時:6月7日(日)13:00 - 17:30(12:45開場)

場所:takram design engineering Tokyo Studio(東京都港区北青山3-10-14 北青山ビル2F)

完売いたしました。

配達用のクアドロコプターが飛び交う世界、介護ロボと仲良く暮らす老人たちの街、国民が皆それぞれを監視しあう炎上社会…。

今日わたしたちが想像しうる未来の姿は、テクノロジーや国際政治に強く影響を受けている。

「しかし、こうした未来像の多くは、複雑であるはずの事象のある一つの側面を拡大したものにすぎない」とtakram Londonのデザイナー、牛込陽介は語る。

「ある技術が回路やプログラミングのレヴェルでどのように実現され、またその運用方法が誰によってどのように決定されているのか、といった包括的な情報は、わたしたちには理解不能であるかアクセス不能である場合がほどんどだからです。個人の影響が及ばないほど複雑に絡み合ったテクノロジーや政治によって、わたしたちの想像力が制限されているとも言えるでしょう」

彼は6月7日に開催するワークショップにおいて、現実世界で起こっているさまざまな事象を、普段とは違ったレンズを通して見てみることで、理解や影響の埒外にある複雑な問題についてみんなで考え、議論し、行動するきっかけをつくるエクササイズを行う。

例えば、牛込がコクヨのリサーチャーとコラボレートしながらまとめた「変化の兆し」カードに対して、まったくランダムにテクノロジーやキーワードを掛け合わせて、10年後や100年後、はたまたパラレルワールドで語られるかもしれないその変化の行く末や、それに対する人々の行動・反応を空想し、形にして共有する予定だ。

テクノロジーの「Application=応用」ではなく、「Implication=意味」を考えるエクササイズを通して、現状の課題解決を超えた、21世紀の新しいデザインの発想方法を身に付けよう。

Yosuke Ushigome | 牛込陽介
takram London デザイナー。Superflux アソシエイト。2013年Royal College of Art Design Interactions卒業。未来の可能性/不可能性を想像する場をつくるためのデザイン活動を行っている。今日人々の未来像を形作っているテクノロジーや国際政治に新たなシナリオを与えることで、理解や影響の埒外にある複雑な問題について考え、議論し、行動することを促すのが目的である。プロジェクトは、未来のシナリオのヴィジュアライズから、インタラクティヴシステムのデザイン/開発、コミッションアートの制作まで多岐にわたる。主な展示に、21_21 DESIGN SIGHT「活動のデザイン」展、東京都現代美術館「うさぎスマッシュ」展など。 PHOTOGRAPH BY CHIKASHI KASAI @ MILD inc.
www.yosukeushigo.me/ja/

WXD ワークショップ
スペキュラティヴなデザイン:Arbitrary Future F / 任意の未来F

完売いたしました。

日時:6月7日(日)13:00 - 17:30(12:45開場)

講師:牛込陽介

場所:takram design engineering Tokyo Studio(東京都港区北青山3-10-14 北青山ビル2F)

定員:15名

参加費:6,000円(税込)

協力:コクヨ

牛込陽介のスペキュラティヴ・デザイン最新作品「Professional Sharing:シェアの達人」。

牛込陽介ら「未来のデザイナー」7人が集結! WXDカンファレンス 6/6に開催

あらゆるものが「デザイン」の対象となったいま、これから求められるのは「あたりまえ」を疑う力だ。新たな視点で世界をとらえるためのマインドセットを、NewDealDesignのガディ・アミットら、7人のデザイナーに学ぶ。詳細はこちらから。

WXD特集サイト:「デザイン」をリデザインする25の視点

デザインは、いまのあたりまえをちょっとずつ疑う方法であり、実験だ。3月10日に発売された雑誌の特集「ワイアード・バイ・デザイン」では、デザインの領域を拡張し、新しいものの見方を提示する25の事例を掲載している。そこで紹介したデザイナーや企業サイト、その関連動画や参考書籍をまとめて紹介。


TAG

DesignEventSpeculative DesignTakramWorkshopWXD