職場でもおやつのおすそ分けが盛んになっている

写真拡大

 いまや常識となりつつある職場のおやつ。同僚や先輩、後輩とおやつを分けあう光景も珍しくなくなった。20代から50代の男女800名のビジネスパーソンにおやつ事情をきいた調査によれば、職場でおやつを「おすそ分けされたことがある人」は61.2%にのぼり、「おすそ分けしたことがある人」も58.5%と半数以上の人が経験していることが分かった(株式会社明治調べ)。おやつのおすそ分けは実際にどのように行われているのか、聞いてみた。

「男性からも女性からもおやつをもらうことが多くなりました。私からはクッキーやせんべいなど、定番のお菓子で小分けしやすい個包装のものを配ることが多いですね。暑くなってくると、上司が同じ課の人数ぶんのアイスクリームを買ってきて配ってくれます。空調が効いた室内にばかりいると季節の移り変わりが分かりづらいですが、アイスクリームが配られると夏が来たなぁと実感します」(30代会社員女性)

 同じようにお菓子をおすそ分けするならば、少しでもよい印象をもたれるもので人間関係を円滑にしたい。前述の調査では「異性からもらって嬉しいおやつ」も尋ねているが、1位「チョコレート」(74.2%)、2位「チョコレート菓子」(73.4%)、3位「せんべい・おかき」(56.9%)、4位「和菓子」(54.8%)、5位「アイスクリーム」(53.0%)となった。旅行のお土産としても定番のチョコレートは、職場のおやつとしても人気のようだ。

「仕事しながらコーヒーを飲む人が多いからか、チョコレートはいつも好評です。嫌いな人も少ないですしね。以前、昼休みに店で見かけて懐かしいなと思って買った『都こんぶ』を配ったら、自分も小さい頃に食べていたと関西出身者で盛り上がりました。名古屋出身者は『えびせんべい』の銘柄についてうんちくを語り始めるなど、おやつのおすそ分けをきっかけに、仕事だけではうかがえない同僚の新たな面を知りました」(20代会社員男性)

 実際に職場では「コミュニケーションの一環として」(65.0%)や「会話のきっかけづくりとして」(29.1%)おすそ分けを実践している人が多い(前述調査より)。お菓子選びも人と一緒に楽しめるかが基準になっているようで、日常的に接するお菓子にひと工夫を加えておやつを楽しんでいる人たちもいる。

「いま職場でブームなのが同じお菓子の味違いを持ち寄る食べ方。たとえばコンビニによくある『ガルボミニ』なら味のバリエーションが多いから話が弾みやすいんですよ。ガルボミニはチョコだけど簡単に溶けないから手につかないので、暑い日でも汚れないからおすそ分けしやすいですね」(20代派遣社員女性)

 新発売情報は、おやつを介したコミュニケーションで好まれる話題のひとつだ。それに呼応するかのように、コンビニのお菓子棚には新商品が次々と並ぶ。たとえば持ち寄りの例として挙げられている『ガルボミニ』だと、もうすぐ「まろやかコーヒー味」が新発売される。持ち寄りおやつの候補の一つに挙げられるのは間違いないだろう。

 仕事だけでは行き詰まりやすい職場の人間関係も、おやつをきっかけに解きほぐしてくれることもあるだろう。ストレス社会と言われるいま、職場におやつは必須のアイテムとなったようだ。