女性にとって“自分磨き”といえば、ダイエットですよね。朝食を抜いたり、炭水化物を抜いたりと現代女性は何かと大変。しかし、無理なダイエットをそのまま続けていると、体のあちこちに異変が現れるようになるのです。そこ今回は、過度なダイエットがもたらす3つの不調についてご紹介します。

一番多いのが貧血

女性は月経があるため、定期的に鉄分が失われます。そのため、無理なダイエットを続けていると、鉄分が摂取できずに貧血を起こしてしまうのです。貧血の症状としては、めまい・立ちくらみ・吐き気・まぶたの裏側が白くなるなどが挙げられ、貧血の症状がでた時点で、すぐにダイエットをやめなければいけません。症状を回復させるためには、鉄分を摂取することが一番効果的であり、鉄分が多く含まれている肉や魚を食べると良いでしょう。

ばかにできない月経不順

通常、月経周期は28日〜35日。そのうち月経期間は4日〜7日が正常といわれています。急激に体重が減少してしまうと、体が追いつかなくなり、ホルモンバランスの乱れや血圧の低下といった症状が現れはじめます。そのため、本来の体重に戻さない限り、生理不順を解消できない場合も……。過度なダイエットは女性にとって大敵であるということを覚えておきましょうね。月経不順が続いているなら早めに婦人科を受診して。

低血圧もダイエットと関係

低血圧は、収縮期血圧が100mmHg未満になると、めまいや立ちくらみ、吐き気といった症状がでてきます。他の症状と同じく、過度なダイエットを続けていたり、不規則な生活を送っていると、低血圧を引き起こしてしまうのです。対処法としては、日頃の疲れが原因となっている場合が多いので、十分な睡眠をとること、規則正しい生活を送ることが最優先事項となります。どうしても改善されない場合、ダイエットを中止しなければいけなくなる可能性も。

キレイになりたい、という前向きな気持ちは評価できますが、自分の体や心のバランスを崩してまで行う必要は全くありません。いくら容姿がぽっちゃりしていても、あなたが元気でニコニコしていれば自然と“ご縁”は巡ってくるものなのです。ダイエットにチャレンジするときは、無理のない範囲で行うように心がけましょう。


writer:山口 恵理香