Doctors Me(ドクターズミー)- 【痩せる体質ストレッチ】たるんだお尻を、キュッと美尻へ!編。

写真拡大 (全4枚)

垂れ尻警報!お尻は型崩れ危険地帯

今回は、見えないからこそ気になる『お尻』のストレッチをご紹介いたします。

ある企業が、「自分の身体で気になる場所はどこですか?」と、女性にアンケートをとったところ、
1位 お腹
2位 お尻
という結果になったそうです。

これだけでも多くの女性が、自分では確認しにくいお尻の形を気にしているのが分かります。

実はお尻は身体の中で、『最も型崩れを起こしやすい箇所』なのです。もしお腹やウェストと同じ頻度で、お尻を目視する機会があれば、お尻の順位は1位になっていたかもしれません。

垂れ尻になっちゃう、魔のブサイクル

垂れ尻になってしまう最もな理由は筋機能の低下です。

・筋肉が最大可動範囲で、しっかり伸び縮みすること
・またそこに十分血液が流れ込み、酸素と栄養素の運搬、二酸化炭素と老廃物の排出が行われること

その状態が維持されれば、キュッと引き締まった美尻をキープできます。

現代人は、運動の機会が減り、筋力が低下するだけでなく、デスクワークの増加でお尻が圧迫され、血行不良に陥りやすい生活習慣になっています。
その状態を放置しておくと脂肪がセルライト化し、お尻が垂れるだけでなく、形がいびつになってくるのです。

まずはコリ固まった組織をほぐそう

お尻の筋肉は、
・大殿筋
・中殿筋
・小殿筋
・梨状筋
など、その他いくつもの筋肉が何層にも重なって形成されています。

またセルライト化した脂肪細胞が周りの組織と癒着し、非常に伸ばしにくい状態になっています。その全てを1ポーズのストレッチだけで伸ばすのは不可能です。
そこで利用したいのが、写真のようなテニスボールや、野球やソフトの軟式ボールです。

その1:効果実感!お尻のボールマッサージ


STEP1:写真のようにお尻の下にボールを敷いて、自分でイタ気持ち良い個所を探します(※痛すぎる刺激は逆に筋肉を緊張させてしまうのでNG)。

STEP2:リラックスした状態で、ボールに乗せる体重をコントロールしながら、片側30秒を左右2セットずつゴロゴロしてください。

その後、一度立って歩いてみましょう。足の運びやすさや腰の軽さで、ゴロゴロする前と後では雲泥の差があるかと思いますが、いかがでしょうか?
このボールマッサージ後、次のストレッチに移ります。

その2:自分で感じるお尻ストレッチ


STEP1:四つん這いの姿勢から脚が『卍(まんじ)』になるように組みます。

STEP2:組んだ脚と反対の腕を前に伸ばします。

STEP3:組んだ側のお尻を斜め後ろに引いたり、横に動かしたりして、自分が気持ち良いと感じられるポジションを探します。前に伸ばした腕の場所を変えて、お尻の引く方向を変えると、また違った伸び感が得られます。

STEP4:これを左右30秒×2セット行いましょう。

両方する時間がない人は、ボールゴロゴロマッサージだけでも行ってください。

筋機能を取り戻してやる事で大切なことの1つは『頻度』です。1回で2時間やったからといって、それで治る事はありません。
1回の時間は5分で十分ですので、時間を見つけてはコツコツ行って、キュッと上がった魅力的な美尻を手に入れましょう。