Doctors Me(ドクターズミー)- 【産婦人科医の妊活コラム】Vol.5: 基礎体温表を読んで、タイミングを取ってみよう!

写真拡大 (全2枚)

基礎体温表を読んで、タイミングを取ってみよう!

前回のコラム(vol.4参照)では、基礎体温をつけてみましょうというお話をしました。では、今回は、実際に記録した基礎体温表を2〜3周期分を使って、自分自身の身体のサイクル、ホルモンの状態を確認してみましょう。


女性ホルモンがバランスよく適量出ている女性の基礎体温は、

・低温期と高温期の2層にきちんと分かれている
・低温期と高温期の温度差が0.3℃以上ある
・高温期が約14日間続く

このような基礎体温の方は、ホルモンの分泌には問題がない事が分かります。

こんな基礎体温表は要注意!

逆に以下のような基礎体温表になる方は注意が必要です。

・低温期と高温期の温度差が0.3℃以下の場合や、高低がはっきりしない場合
月経が来ていても、排卵が起きていない疑いがあります。この場合は、妊娠を希望する、しないに関わらず、婦人科医を受診する事お勧めします。

・高温期が9日以下と短い場合
この場合は、卵巣の機能が低下し、黄体ホルモンの分泌異常(黄体機能不全)が起きている可能性があります。

・高温期が16日以上続く場合
高温期が16日以上続いている場合は、妊娠している可能性があります。もしかしたら?と思ったら、早めに婦人科を受診しましょう。

・高温期が21日以上続いた後、低下し始めた場合
切迫流産の可能性があります。

基礎体温表で、上記の様な異常が認められた場合は、まずは、婦人科を受診してください。

排卵日当日だけ性交渉をもつのは間違い!

・ホルモンバランスがよく分泌されている
・女性の年齢が40歳以下
・その他に特に不妊の原因がない
このような場合、「タイミング法」から妊活を始める事が一般的です。

タイミング法とは、排卵の時期を予測して、その時期に合わせて、性交渉をする事により、妊娠に至る、という方法です。

タイミング法を実行している、というカップルにお話を聞くと、排卵日その日だけ、夫婦生活を持つ様にしているカップルが少なくありません。これは、あまり正しくないタイミング法です。妊娠する確率は、実は、排卵日当日ではなく、排卵前2日前に性交渉をした場合が、一番高いことが、研究の結果示されています。

また、排卵日当日だけに、性交渉を持とうと思った場合、男性側は、禁欲期間が長くなる事によって、精子の状態が良好でなくなる事に加え、夫婦生活を持つ事がプレッシャーになってしまう、仕事などで、急に都合が悪くなって交渉がもてなくなる、といった事態が起こる可能性があります。

正しいタイミング法をする2つのポイント

Point1:妊娠しやすい期間=排卵日の前6日間に
Point2:毎日〜1日毎に性交渉を持つ

のが、正しいタイミング法です。

日本では、カップルがセックスをする回数そのものが少ないことも、子供を授かり難い原因の一つではないか、とも考えられています。
子供を授かりたいカップルは、ぜひ、排卵前の6日間に、頻回に夫婦生活を持って頂きたいと思います。