Doctors Me(ドクターズミー)- “セックスレス”の夫婦ができる、脱セックスレス法10!

写真拡大 (全2枚)

セックスレスの定義

結婚して、しばらく経つとセックスの回数が減っていくカップルは多いものです。

セックスレスの定義はさまざまですが、日本性科学会によれば、「病気など特別な事情がないのに、1ヶ月以上性交渉がないカップル」と定義されています。

意外と高いハードルだな、と思いませんか?特に小さな子どものいる夫婦だと、当てはまる方は多いのではないかと思います。

日本人の2〜3割が、セックスレス!?

日本では一年に数回以下というカップルが30代でも2割から3割を占めているという統計もあります。カップルの双方が淡泊で、セックスを望まない場合は別として、どちらかがセックスを望んでいるのに成立しない状況というのはどちらにとってもつらい状況ですよね。

セックスレスの原因や程度はさまざまですが、ここでは病院に通わず、自宅で取り組める改善法を紹介したいと思います。

セックスレス、10の改善策


1:泊りがけの旅行に行ったり、夜に2人で外出したり、といつもと違うシチュエーションをつくる。

2:「タイミングがうまく合わない」ということを避けるため、意識して帰宅時間やベッドに入る時間を合わせる。

3:寝間着を色っぽいものに替えたり、下着に気を遣う、名前の呼び方を変えてみるなどちょっとした変化を演出する。

4:セックスレスが長期にわたっている場合、自分で振り返って原因を考えてみる。

5:仕事や勉強が忙しすぎる場合は、スローダウンしてセックスができる体力の回復を待つ。

6:一緒にお酒を飲む(飲みすぎは禁物ですが)。少し酔ったところで甘えてみるのもよいでしょう。

7:肩のマッサージなど、お互いの体に触れる機会を多く持つ。

8:コロンを変えたり、アロマオイルを焚いたりして香りの演出をしてみる(一部、催淫効果のある香りもあるようです)。

9:他の異性の話をしたり、それとなく存在をほのめかせることで嫉妬心をあおってみる(やり方を間違えると逆効果になるので控えめに!)。

10:セックスレスであることをしばらくの間忘れて、ありのままに生活してみる。