Doctors Me(ドクターズミー)- 日本は少数派!?欧米では「無痛分娩」が主流!

写真拡大

欧米では妊婦の過半数が無痛分娩を選択!?

かつての無痛分娩は、吸入麻酔を使い、全身麻酔で行っていました。しかし、今の主流は、硬膜外麻酔といって、脊髄の近くに細いチューブを通し、そこから麻酔薬を注入。そして、下半身のみの痛みを無くす、あるいは軽減します。

この無痛分娩、フランスでは80%、アメリカでは60%の妊婦さんが実際に選択しているのに対し、日本では約4%と、未だに普及していません。それは、お腹を痛めて産んでこそ母性が芽生える、陣痛の痛みに耐えてこそ母親になる資格がある、といった固定観念が強いからかもしれません。

さて、そんな無痛分娩ですが、どんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきたいと思います。

無痛分娩のメリット

・陣痛の苦痛感が軽減される

・意識がはっきりしているので、赤ちゃん誕生の瞬間をしっかり体感できる

・体力の消耗が少なく、分娩後の回復が早い傾向にある

※ちなみに、硬膜外麻酔では、お母さんの麻酔薬の血中濃度が非常に低く、赤ちゃんへの麻酔の影響はほとんどありません。

無痛分娩のデメリット

・足の感覚が鈍くなり、力が入らず歩きにくくなる場合がある
→ちなみに、麻酔後、歩くことはほぼなく、ベッド上で経過を見ます

・血圧の低下による気分不快が起きることがある
→気分が悪くなった場合は、お薬を使って調整します

・尿意の消失、排尿困難が起こることがある
→定期的に管で尿を採ります

・陣痛が弱まってしまい、鉗子や吸引による分娩が増える傾向にある

・針を刺したり、チューブを挿入したりすることにより、稀に頭痛、血腫(内出血)、膿瘍(膿が溜まる)ができることがある

・発熱の可能性がある

※麻酔薬による炎症反応が引き起こされる場合があり、母親の熱が高くなるほど、筋肉の正常な緊張状態が損なわれ、呼吸困難を認める割合も高くなります。