Doctors Me(ドクターズミー)- 男性の生理「メンズ生理」って一体何!?

写真拡大 (全2枚)

男性にも周期的な生理がある!?

生理というと、女性にだけやってくるもの、と考えるのが普通ですよね。通常、女性ホルモンのバランスは28〜35日周期で変化しており、それに合わせて子宮内膜が妊娠に備えて成熟し、妊娠しなかった場合には内膜が剥がれ落ちて体の外に出て行き、数日間出血することを「生理」といいます。

しかし、最近、男性にも「生理」があるのではないかと話題になっているようです。もちろん、女性のように出血したり、生理痛があるわけではありません。
では一体、男性の生理とはどのような現象が起きるのでしょうか。

男性も骨盤が緩む期間がある!?


人間の腰からお尻にかけての骨組みを骨盤といいますが、この骨盤は複数の骨が靭帯という強力な線維でくっつき組み合わさることでできています。

普段はとても頑丈ですが、女性が赤ちゃんを産むときにはこの骨盤が一時的に少し緩むことで、赤ちゃんは狭い産道をなんとか通ってお母さんの体から出てくることができるのです。

骨盤の形が大きく変化するのは女性が出産するときだけですが、実は普段のときでも、男女ともに、若干骨盤が開いたり閉じたりしているといわれています。これが約2週間周期で、女性では生理前後で骨盤が開き、排卵日前後で骨盤が閉じるというように、生理周期に連動しています。

男性も「生理」中は不調になりがち!?

女性が生理前後でイライラしたり落ち着かなかったり、という不調が出るのと同じように、男性でも骨盤が開いている「生理」のときには、メンタル面で不調がでることがあるようです。

たとえば、仕事がはかどらなかったり、集中力が落ちたり、なんとなくだるかったり、など。逆に、骨盤が閉じている時期には、バリバリ仕事にやる気が出たり、性欲も高まったりするようです。

男性の皆さん、このような心身の変化に思い当たるところはありますか?また、女性の皆さんは、パートナーなどにこのような変化があることに気づいていましたか?このいわゆる「メンズ生理」は、表面的には分かりにくいもの。

しかし男性にもこのような心身の周期的な変化があるので、気分が乗らないときには仕事をセーブするなど、少し体に気を遣ってあげるとよいですね。